堅実女子ニュース&まとめ この爽やかさはただごとではない!小松菜奈&大泉洋による恋愛青春映画『恋は雨上がりのように』

映画『恋は雨上がりのように』が5月25日(金)に公開されました。眉月じゅんによる原作漫画を、『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』の永井聡監督が実写映画化した爽やかな余韻を残すラブストーリーです。夢を見失った一見クールな17歳のあきらを小松菜奈が、遠い昔に夢を封印してファミレスの店長としてあくせくと生きる45歳の近藤を大泉洋がそれぞれ演じています。そこに起きた化学反応は、どのようなものだったのでしょうか?

(c)2018映画『恋は雨上がりのように』製作委員会 (c)2014眉月じゅん/小学館

『恋は雨上がりのように』
(配給:東宝)●監督:永井聡 ●脚本:坂口理子 ●出演:小松菜奈 大泉洋 清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香 山本舞香 濱田マリ 戸次重幸 吉田羊 ほか 5月25日(金)全国ロードショー

【あらすじ】
陸上に打ち込んできた高校2年生の橘あきら(小松菜奈)。アキレス腱のケガで夢を絶たれた日、偶然入ったファミレス「ガーデン」で、事情を知らないままに優しくコーヒーをサービスしてくれた店長の近藤(大泉洋)と出会う。近藤へ密かな恋心を抱き、「ガーデン」でバイトを始めるあきら。クラスメイトでバイト先も同じ吉澤タカシ(葉山奨之)から想いを寄せられている事にも気づかない。同じ陸上部で親友の喜屋武はるか(清野菜名)はそんなあきらを心配するが、募る恋心を控えられないあきらは近藤へ告白する……。

恐るべし!の女優力を見せつける小松菜奈

人生に倦んだバツイチ子持ちの45歳、さえないファミレス店長の近藤と、夢を見失った17歳の一見クールな美少女、橘あきら。そんな二人の純愛を描くって、おじさんの願望がつまったちょっと気持ち悪い話? と早合点する人がいるかもしれません。しかも近藤を演じるのは大泉洋で、あきらは小松菜奈。この二人のラブシーンって……って、それ全然違いますから!確かに純な恋を描いてはいるけれど、見終えたあとに予想もしていなかった類の爽やかな余韻に浸れる素敵な映画なのです。

映画の冒頭、小松菜奈演じるヒロインの橘あきらが朝、学校へ登校するシーン。学生鞄を持ってたたた……っと走ってきたらしいあきらが画面の外から横移動し、ざざ~っと滑りこんできます。前かがみになって右手右足を横に伸ばてキメポーズをしたかと思うと、画面の中央でぴたりと止まります。クッと顔を上げて前を見据え、画面が切り替わると、全力疾走で走るあきらの姿。格好いい――背筋をピンと伸ばして走る小松菜奈がまぶしくて、走る走る青春映画がこれから始まるんだ! という期待感が高まります。

原作者の眉月じゅんさんによると、連載中から「橘あきらは小松菜奈に似てる!」という声が多数あったらしいです。確かに小松菜奈は少女漫画に出てくるヒロインみたいな顔ですが、意外とこの原作のあきらの絵とは似ていません。でもその中身というのか、「顔が整い過ぎていて目力が強く、黙っていると怒っているみたいに見える」、というあきらという女の子にまさにピッタリ!それでいて純粋でまっすぐなあきらそのもののようでもあって、もうそういう女の子にしか見えません。でもそれはただナチュラルにカメラ前にいるからではないのが明らかで、確実にツボを突きながらとても繊細に演じています。細かいところをよ~く見るとそここで、シーンを成立させるための細かい演技をしているのがわかり、小松菜奈恐るべし!という気分になるはず。しかも当然といえば当然ですが極上にかわいらしくもあって、彼女がいま、多くのつくり手から求められるのも納得してしまうはずです。

近藤が脱いだシャツの匂いをそっとかぐあきら……小松菜奈がそんなことを!?

1 2