スポーツ界だけじゃない!職場で「パワハラ」被害にあった経験を持つビジネスパーソンは、なんと●%に!

スポーツ界だけじゃない!職場で「パワハラ」被害にあった経験を持つビジネスパーソンは、なんと●%に!

今週ニュース番組やワイドショーの話題を独占した「日本大学アメフト部」のタックル問題。この一連の騒動に、部活動という絶対的な上下関係の中で生まれた“パワハラ”の構図を感じた人も多かったのではないでしょうか?力を持つ人間が組織内での優位性を利用し、下の人間を追い詰める。これは部活動だけではなく、職場などさまざまな場所で起こりうることです。

 

ビジネスパーソンの約7割は何らかのハラスメントを受けた経験あり

「日本労働組合総連合会」では10代から60代の男女871人を対象に「働き方に関するホンネアンケート」を実施。その中で「仕事上でハラスメント(いやがらせ)を受けたことはありますか?」と尋ねたところ、何らかの被害にあったことがある人は608人。割合を計算すると、69.8%が該当することが分かりました。

では、具体的にどんなハラスメントを受けているのでしょうか?気になる結果は次の通りとなっています。

「パタハラ」は、妻の出産や育児をサポートしたい男性社員に対する不当な扱いを意味します。

圧倒的に多いのは「パワハラ」で、871人中437人。被害にあった経験があるのは、ちょうど半分となっています。続いて多いのは「お客様・取引先からの暴言等」(274人)。こちらは同じ組織内の上司などではなく、自分に対して何らかの利益をもたらしてくれる顧客という間柄。自分の優位性を利用して下の人間を追い詰めるという意味では、これもいわゆる「パワハラ」に該当するとも考えられるのはないでしょうか?

そのほか性的嫌がらせをうける「セクハラ」は116人で13.3%、出産や育児をキッカケとした不当な扱いをうける「マタハラ」「パタハラ」は17人で、1.9%となっています。どれもパワハラよりは少数ですが、決して見逃せない数字です。

1 2
浮気事件簿 貧困女子 セカンド 占い 運勢 恋愛講座 アラサー 恋愛 その1 婚活 マッチングアプリ 金運 美人探偵 浮気 アプリ 恋愛運 結婚 不倫 キャリア アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。