【派遣女子・どうして更新されないの?】“手に職を”という母の教えを無視したことが悔やまれる、葛藤多き派遣の日々~その2~

【派遣女子・どうして更新されないの?】“手に職を”という母の教えを無視したことが悔やまれる、葛藤多き派遣の日々~その2~

かつては自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいという女性たちに支持された派遣という働き方。今回は、都内で派遣社員をしている遠藤倫子さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。

群馬県高崎市で生まれ育った倫子さんは、不動産会社に勤務していた父と、祖母が営業していた美容院を手伝っていた母、3歳年下で現在は保育士をしている妹の4人家族で育ちました。現在、は実家を出て都下で暮らしています。倫子さんは、背も高く目鼻立ちのはっきりとした顔立ちのため、中学では先輩からいじめの標的にされてしまいます。高校は地元から少し遠い場所にある私立高に進学し、バトントワリング部の活動に励みます。大学受験では、志望大学のなかで倍率が低かったドイツ語学科に合格します。美容師免許を持っている母は彼女に“手に職を持ちなさい”とアドバイスをしていましたが、とりあえず……の気持ちで大学に進学したため、就活で苦戦します。

学生の頃、百貨店の繁忙期バイトをした時に、中元ギフトなどの贈答品として見かけていた洋菓子店にエントリーし、内定を貰えます。

「内定が貰えてほっとしたのですが、業種は接客業でした。高校時代にバトントワリングをやっていたので笑顔が得意です、とアピールしたのが良かったみたいです。最初に、都内にある百貨店の店舗に配属されたのですが、商品知識や金額を覚えるだけで精いっぱいでした」

接客業では急なバイトの欠勤の代わりに出勤しカバーするなど、土日も関係なく働き続けました。

「途中で配属された先が変わって、リーダー職になったんです。もちろん、販売部署全体のマネージャーは別にいたのですが、売り上げを上げるためには何をしたらよいのか?など常に課題を求められて、それにこたえなければと辛かったです」

そうして入社4年目になった時に、腎盂炎が悪化し入院してしまいます。

「だるいなあと思って病院に行ったら、そのまま入院することになりました。都内まで親に来てもらったのですが、母には“レジ係をやるために大学に行ったの?”と言われました」

仕事を退職して地元に戻りたいと考えましたが、結婚した妹と折り合いが悪くまた東京に戻ります。

「妹が23歳で結婚して、子どもを産んだんです。勤めている保育園は育児休暇制度もあるらしくて、しばらく実家に妹が帰っていたんです。私も体調を崩して実家に戻っていたのですが、妹や妹の子どもと過ごすのが嫌で、2週間で東京の自分の家に戻りました」

販売職を30歳まで続けるつもりはなかったため、26歳の時に新卒で入社した企業を退職します。

「腎盂炎の入院も含めて1か月近く休職をしたのですが、退職しました。上司は引き留めてくれたのですが、販売本部から事業部への異動ができ無そうだったのでもうそろそろ限界を感じました」

派遣なのに、新卒向けの採用業務を手伝うジレンマ

1 2
美人探偵 時短 恋愛運 運勢 占い 金運 恋愛講座 浮気事件簿 セカンド 貧困女子 恋愛 アラサー iPhone 不倫 アプリ 結婚 派遣女子 アラフォー 派遣 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!