【20代で知りたかった30代の正解】30代実家暮らし非正規社員は、子育て失敗作!?

【20代で知りたかった30代の正解】30代実家暮らし非正規社員は、子育て失敗作!?

「いつか結婚するだろう。いつか母のように専業主婦になるだろう」とそう思って気が付いたら30代だったという女性達がいます。中にはずっと実家暮らしで、専業主婦になって仕事を辞めるかもしれないからと、非正規雇用のままキャリア形成せずに来てしまったという方も。

若さもキャリアも生活力もない、その原因は誰のせいでしょうか?

女性の社会進出が未婚化を進めたのはウソ!正社員女性の方が結婚しやすい

「女性の社会進出が進み、晩婚化・未婚化が進んだ」と解説する記事をよくみかけます。そういう時代もあったかもしれませんが、今は違います。確かに、仕事が忙しくて婚期を逃した方は男女ともにいるでしょうし、すっかりオス化して可愛げないキャリアウーマンもいるでしょう。

とはいえ、これが全てではないのです。

日本労働組合総連合会が2017年に女性1000人を対象に行なった調査では、学校卒業後のはじめて就いた仕事が正社員か非正規雇用かで、その後の結婚率に大きな差があることがわかりました。

夫がいる人の割合
・正社員…70.9%
・非正規社員…26.9%

はじめに正社員で就職した女性の方が結婚しやすいのです。「男女共同参画白書平成25年」によると結婚直前の女性の雇用形態は正規雇用64.2%、非正規29.2%、その他6.5%となっています。

横浜市男女共同参画推進会が行なった調査では、独身アラフォー女性の4割が非正規雇用でした。

独身の正社員に結婚しなかった理由を聞くと、多くの方は「仕事が忙しい」と答えるでしょう。私も独身時代はそう言っていましたし、周りの独身の同僚もそう言っていました。

「性格と外見に問題があって結婚できませんでした」なんて言う人はそうそういないでしょう。仕事に責任転嫁すれば、自分は被害者のつもりでいられるのですから。

仕事と家庭を持つ女性と、仕事も家庭も持てない女性が二極化していく

正社員と非正規社員では研修・教育にかけるコストが違います。新卒で入社すれば、正社員ならば手厚い新入社員教育を受けられます。産労総合研究所の調査では平均すると入社前研修約4万円、入社後研修18万円。教育内容は日常的な業務の他に、社会人マナー、課題設定なども盛り込まれていることが多いです。しかし、非正規社員は入社前に研修はまずありません。

なぜ正社員だけなのかと言えば、長期的に働いて欲しい人材だからです。

正規雇用で当たり前のように働いている男性は、同じような価値観の女性を求めます。彼らと「当たり前」が同じなのは、きちんと教育を受けた正規雇用の女性達。

さらに正社員でも、ずっと実家暮らしの女性はやってもらうのが当たり前の女性が多いのも特徴です。

「誘ってくれない」「会話を盛り上げてくれない」「分かってくれない」「決めてくれない」と相手にクレクレ要求してしまいがち。そんな女性を多忙なビジネスマンはパートナーとして選びません。

「結婚」か「仕事」かのどちらかしか選べなかったのは昭和の話です。正社員で就職して、自分のライフステージが変化していく人と、ずっと「娘」のままでライフステージが変わらない人の二極化が進んでいくのです。

10代を勉強に捧げ、20代を仕事に捧げ、女らしいことと無縁で30代になった女性が、30代で女性として輝くことはあります。10~20代で自分を甘やかして、受け身で誰かに生き方を決めてもらい、30代でも女子気分のままの女性は、ずっとそのままです。これからの人生を立て直そうと思うなら、腹をくくって、そこそこ苦労を覚悟しないといけません。

非正規雇用の独身者にとって「働き方改革」も「ワークライフバランス」も一切関係ないのです。1日でも若いうちに、本気を出さないと結婚以前に社会から孤立しかねないんですよ!

男性からも仕事からも選ばれない、独りぼっちになってしまっていいんですか?

1 2
恋愛運 婚活 不倫 恋愛 セカンド 浮気事件簿 占い 時短 アプリ iPhone アラサー 浮気 貧困女子 美人探偵 占星学 金運 恋愛講座 結婚 運勢 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。