堅実女子ニュース&まとめ 「降水確率50%」で傘を持つ人は●%!用意周到に傘を持つ割合が一番高い職業は?

じめじめした日が増えつつある今日この頃。平年だと関東地方の梅雨入りは6月初旬なので、もうすく傘の出番が増えていくはずです。しかし傘の準備でけっこう困るのは「今は晴れているけど、これから降るかも」という予報の時。荷物が増えるので必要でなければ傘はもちたくない人が多いと思いますが、例えば「降水確率50%」の時、あなたは傘を持ちますか?

降水確率50%以上で傘を持つ人は全体の約4割

この「降水確率50%問題」について真っ向からアンケート調査を行なっているのが「株式会社プラネット」。こちらによると、「降水確率50%以上で傘を持つ」と答えている人は全体の38.7%となっています。さらに男女別の調査結果だと、男性が37.8%で女性が40.9%。女性のほうが若干多いようです。

しかし「降水確率にかかわらず常に持つ」という用意周到な人は、男性が18.3%で女性が9.0%だそう。少数ながらも男性が女性の倍以上となっているのです。一体なぜ男性のほうが多いのでしょうか?その考察のヒントとなりそうなのが、「降水確率にかかわらず常に持つ」と答えた人を職業別に分類した調査結果です。

 

  • 「降水確率にかかわらず常に持つ」人の職業

1位 公務員……23.9%

2位 自由業……22.4%

3位 会社員……20.9%

4位 会社役員・経営者……18.6%

5位 無職……11.5%

6位 パート・アルバイト……11.1%

7位 定年退職……11.0%

8位 自営業……8.6%

9位 主婦(主夫)……4.6%

1位は「公務員」(23.9%)。なんとなく堅実なイメージがある職業ですが、つねに傘を持って雨に備える人が多いことが分かります。ほか上位をみるとやはりビジネスパーソンが中心。やはり朝家を出て夜に帰宅すると、急な天気の変動に対応しづらいはず。よってつねに傘を持ち歩く人が多いと考えられます。

一方傘をつねに持ち歩く人が一番少ないのは「主婦(主夫)」。ビジネスパーソンと比べると家にいることが多く、外出するとしても「近所へ買い物」など短い時間が多いので、急な天気の変動でも対応しやすいのでしょうか。

1 2