【女子のためのサウナ入門】毛穴からメイクのドロドロが!?キレイになるサウナの入り方

【女子のためのサウナ入門】毛穴からメイクのドロドロが!?キレイになるサウナの入り方

サウナが大好きな人を「サウナー」と呼ぶのが、じわじわと浸透してきているほど昨今人気が高いサウナ。でも一体何がいいの?と思われる堅実女子の皆さんもいらっしゃることでしょう。 そこで、サウナの入門書『はじめてのサウナ』(リトルモア)が大好評発売中の、マンガ家でサウナ大使でもあるタナカカツキさんと、タナカさんとサウナに関する書籍を出されたイラストレーター・ほりゆりこさんにインタビューを行ないました。インタビュー場所はサウナーの聖地とも言われる、横浜の「スカイスパ」。「人生が激変する」サウナの楽しみ方を教えていただきました。※ほりさんはスカイプで参加。

日本を代表するサウナーのタナカカツキさんは、サウナハットをかぶって登場。女子サウナーのほりゆりこさんは、スカイプで参加。右下の青い人形は、スカイスパYOKOHAMAのキャラクター・サウレちゃん。

サウナって、ガマンしなきゃいけないの!?

1回サウナに行ってみたものの、水風呂は冷えそうだし、何がいいのかよくわからない……という堅実女子の皆さんも多く存在しています。そんな堅実女子に向けて、サウナの魅力を紹介していただきましょう。

おふたりは女性向けのサウナの本も出されていますよね、まずはサウナの魅力について教えてください。

タナカカツキ(以下タナカ)「その前に、日本でサウナと言うと、“おじさんのもの”というイメージがありますよね。サウナは熱くて狭い部屋にガマンして入るもの、と誤解している人も多くいます」

ほりゆりこ(以下ほり)「しかし、実際のサウナは、キレイになるところです。肌がすべすべになり、疲労感、冷え性、肩こり、腰痛、肥満、むくみ、不眠などが改善する人がほとんど。しかもとっても気持ちがよく、思考が前向きになりますよ」

キレイになれる……!?気になりますね!でも、サウナの作法がちょっと未知すぎます……正しいサウナの入り方を教えてください!

タナカ「まずは無理なガマンをしないことです。シャワーを浴びてからサウナ室に入って、熱さを感じて発汗したら出て、水風呂につかる。これも無理せず、最初は膝くらいでいいと思います。その後、サウナ室に戻り、また水風呂へ……と繰り返すのが基本の入り方。これを“温冷交代浴”といいます」

ほり「人間は動物ですから体を温めると心地よく感じるんです。昔から、お風呂や焚火で体を温め、外に出てほてった体を覚ましていました。それを何度か繰り返すと、何とも言えない恍惚感が生まれる……それを“ととのう”と言うのです。慣れてきたら、10分程度サウナ室に入り、水風呂は1~2分。小休止してから、またサウナ室に入るという流れを3回繰り返すといいですよ」

出た!「ととのう」ってサウナーの方がよく言っていますが、一体どんなものなのでしょうか?

タナカ「スーパーリラックスした状態ですね。気持ちがいいんです」

ほり「心に溜まっていたものが、スカーンと抜ける感じと言いましょうか、とても気持ちがいいですよ。リラックスしているのに、意識が開くというか……これはサウナでしか得られない快感です」

1 2
占星学 婚活 不倫 アラサー 浮気事件簿 iPhone 金運 派遣 運勢 アプリ 派遣女子 結婚 占い 恋愛講座 恋愛運 恋愛 アラフォー 美人探偵 時短 貧困女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!