堅実女子ニュース&まとめ 【勤続10年女子】演劇で上京する夢を捨て、地元で団体職員に。残り少ないモラトリアム期間~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、宮崎県で団体職員として働いている綾子さん(仮名・32歳)。

綾子さんは黒髪のロングヘアを後ろでまとめていて、一見、化粧をしていなそうに見えるほどの簡単なアイメイクとリップグロスのメイク。短めに切りそろえられた爪からは、年齢よりも幼い印象を受けた。薄手の白いシャツの上からグレーのカーディガンを羽織り、腰回りが少しダボっとしたベージュのチノパンを合わせている。

「今は信用事業の窓口業務を行なっています。最初は覚えなければならないことが多くて大変でしたが、残業もあまりないので、平日はボルダリングのジムに行ったり、撮り貯めをしていたバラエティー番組を観ています」

趣味の国内旅行では、2年に1回は北海道や東京へ友人と旅行に出かけている。地元は周りも高齢化してきており、都市部に旅行に出かけると“地元以外で暮らしてみたい”という願望が芽生えるが、一度手に入れた安定した仕事は手放したくないと思いとどまっている。

綾子さんは宮崎県宮崎市で生まれ育った。不動産業を営んでいた父と、家業を手伝っていた母、7歳下の弟の4人家族。両親ともに九州出身で、親戚も近隣県で暮らしているため、綾子さんは小学校を卒業する記念に家族旅行で東京ディズニーランドへ出かけるまで東京方面へ行ったことがなかった。親戚関係の結びつきが強く、困ったことがあると家族や親せきが集まって助けあうのを見ていたため、従妹も兄弟のように感じていた。

彼女が小学校に入学した頃、弟が生まれた。実家は、住居とは別の場所で不動産業を営んでいたが、学校から帰ると率先して母がいる事務所まで弟を迎えに行き、おむつ替えやミルクの準備など育児を手伝った。その経験から、従妹たちに子供が生まれるとちょっとした預かりを頼まれたりすることもあった。面倒見のよさからか、職場でも新入社員から仕事の悩みを打ち明けられることも多い。

小学校に入り漢字を覚え始めると、読書に熱中した。放課後や昼休みには児童向けの本を借り、読みふけった。留守番中は、本の中のセリフを読み上げ、そのキャラクターになりきることもあった。中学に入学すると、たまたま見たドラマで好きになった俳優が、学生時代に演劇部に所属していたと知った。歴史にも興味があった綾子さんは、色々な時代を扱った演劇に興味を持ち始める。しかし、彼女が入学した中学には演劇部がなかったため、陸上部に所属し、長距離種目を中心に練習に励んだ。陸上部なら基礎体力も付きそうだし、柔軟体操などその後の演劇部でも活かせそうと思った。

九州男児の父の猛反対にあい、演劇を諦め近隣の大学に進学

1 2