堅実女子ニュース&まとめ 【いい転職・悪い転職】接客スキル高い美女はキャリア構築に不利!?SNSナンパ転職の落とし穴~その2~

辛かったのは、経営陣から「ナンパ転職」と言われたこと。実績を出しても、枕扱いされてしまった

接客業バイト時代の経営者の人たちに営業をしたり、自分でも新規開拓をしていたのに、社内の周囲の人のみならず、経営陣からの評価は「ナンパ転職した枕の女」。営業ってかわいがられてナンボじゃないですか。お互いに楽しい気分になって、仕事を任せてもらえれば、お互いにハッピーになれるじゃないですか。それを面白くないと思う人から、変な噂を立てられる。でも、さすがにこの時は、自分が悪いんじゃないかな……と考えました。接客業のバイトで、「エラい人やオジサンは私の言いなり」という思考回路が出来上がってしまった。ここに私の慢心があったのでしょうね。

SNSで誘われて転職するのではなく、私の背景を知らない人から正当に評価されて入社試験を突破すればよかったと、今では痛感しています。

結局、今は有休を消化しつつ、次の転職に向けて準備中

どれだけ頑張っても、色眼鏡で評価されてしまう。私のような、そこそこレベルの容姿の美人って一番損をします。結局、今の会社の社長からもデートに誘われるようになり、拾っていただいた手前、断り切れない立場に追い込まれてしまって、有休消化から退職することにしました。

次の転職は、私の背景を知らない会社で、実力を評価されたい。結局私の場合、若さと容姿に依存して仕事していたために、これらの“資産”がなくなれば、何も残らない。だからこそ、自分のスキルを磨く転職をしたいのですが、32歳でゼロからのスタートは難しいと感じています。

やはり次の会社でも、今と同じような営業をしてしまうんでしょうね。こんなことなら、第二新卒期に、接客業のバイト時代の対人スキルを捨てて、ひたむきに仕事をしていればよかったと後悔しています。

今の転職期間中に再び自己啓発セミナーに通い、自分の”使命”を見つめなおしている亜矢子さん。毎日、理想の自己像をノートに書いている日々だという。

1 2