【セカンド女子】彼からの連絡を待ち続けるだけの絶対服従の恋愛に気づかず……呪縛の言葉は「俺から連絡する」~その1~

【セカンド女子】彼からの連絡を待ち続けるだけの絶対服従の恋愛に気づかず……呪縛の言葉は「俺から連絡する」~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の広告代理店で働いている高村あいさん(仮名・30歳)。肩まである黒のストレートボブに、チークやアイシャドウなどの色味を一切感じないナチュラルメイクとおとなしめな印象。服装は淡い黄色のカーディガンにジーンズを履いています。バッグはオフィスで使用できそうな黒のミニボストンを持っており、足元のスニーカーとのややアンバランスさを感じました。全体的におとなしそうな印象のあるあいさんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は愛知県で、両親と2歳と3歳下に弟がいる5人家族です。父親は普通のサラリーマンで、母親はパート主婦です。家族仲は昔から良かったですよ。でも父親が祖父母と折り合いが悪くて、親戚付き合いがまるでありませんでしたね。父親は長男で、兄弟らしきおじさんやおばさんがよく家に来ていた記憶があります。その人達を一度も紹介されたことがないし、小さい頃の記憶なのできっと叔父や叔母だったんじゃないかなって感じです。その人達が家に来た時はいつもは優しい父親がピリピリしていて、怖かった記憶が残っています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学に入ってからですね。中学、高校はバスケ部で部活一色でした。地元はそこまで田舎じゃなかったんですが、ほとんどの時間をジャージで過ごすような子でしたね。体育館で部活をしていたのに、日焼けケアをまったくしなかったせいか真っ黒でしたから。高校では2年生の時に同じクラスの同じ委員になった子のことを好きになったんですが、何もしないまま友達で終わっちゃいましたね。

始めての彼氏は、大学で友人になった人で、実家も近所で高校まで同じバスケ部だったこともあり、意気投合しました。彼には私から告白して、2年ほどあった友達関係から抜け出せた感じです。彼の浮気で別れるまで1年ぐらいしか付き合っていなかったけど、いい思い出で残っていますよ。今でも地元で時々飲み会があるんですが、すっかり普通の友人の仲に戻れています」

大学卒業後は地元で金融機関に就職。職場の人に連れて行ってもらった合コンで、1人の男性と出会います。

「仕事は窓口業務を行なっていたんですが、お客さまと密にやりとりをすることが多くて、ストレスはそれなりにありました。でも、社内の人はみんな優しくて、仕事環境は良かったです。そこで2歳上の女性と仲良くなり、その人が主催の合コンに連れて行ってもらったんです。

合コンには大手企業のサラリーマンがいて、1人の男性と仲良くなったんです。彼は4歳上のスラッとした長身のイケメンで、黙っていても女の子が寄ってきそうなタイプなのに、みんなを盛り上げようとしているところが好印象でしたね。仲良くなったのは、たまたま隣だったからだと思います。2回目の席替えの時に離れてしまったんですが、帰り際に彼から連絡先を聞いてきてくれました。

そこから何度かメールのやりとりをして、最初は会社の先輩と彼の友人を入れた4人で、2回目は2人でという段階を踏んで、3回目に会った時に付き合おうかという話になりました。まさか付き合えると思っていなかったので、嬉しかったですよ」

仲良しだと思っていた先輩と彼氏の裏切りが発覚……

1 2
その1 iPhone 美人探偵 時短 恋愛講座 運勢 アラサー アプリ 不倫 浮気事件簿 占い 浮気 金運 セカンド 恋愛 アラフォー 婚活 結婚 恋愛運 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。