【セカンド女子】彼からの連絡を待ち続けるだけの絶対服従の恋愛に気づかず……呪縛の言葉は「俺から連絡する」~その2~

【セカンド女子】彼からの連絡を待ち続けるだけの絶対服従の恋愛に気づかず……呪縛の言葉は「俺から連絡する」~その2~

彼とのあいまいな関係は続く中、中途採用で営業に女性が入社。彼はその女性と仲良くなっていきます。

「私が入社して、1年弱くらいでその女性は入ってきました。胸までありそうな少し茶髪を後ろに1つに束ね、シャツやジャケットが良く似合うキャリアウーマンって感じの人で、年齢は私と同い年でした。彼女と彼は同じ仕事を担当することが多いみたいで、常に一緒でした。付き合っているという正式な関係じゃないのに、私は彼女との仲を疑い、彼を束縛してしまいました。彼の1日の予定を毎日聞いたり、飲みに行くと言われたら誰となのかも全員の名前を聞いていました。本当に面倒くさかったと思います。でも彼は嫌な顔1つせずに答えてくれていたんです」

その後、彼が嘘をついて彼女と飲みに行っていた事実が発覚します。そこでケンカをしてしまい、彼とは一時疎遠になります。

「急きょ飲みに行くことになったと事後報告されたんですが、どうしてもそれが許せなくて、彼のココも嫌だったなどと話が飛躍していき、大きなケンカになりました。その時も彼は怒ることなく、『しばらく2人で会いたくない』と言われました。でも、『連絡する』と言ってくれたんです。そこから1か月くらいは連絡を取らずにひたすら待ちましたね。彼は普通に何事もなかったように連絡して来ました。私も前の雰囲気を引きずりたくないから普通にしようと思いました。その時は久しぶりに会ったのに体の関係がなかったんです。私は体の関係を継続させたいから彼が会いに来たんじゃなく、大切にしてくれていると感じることができました」

その彼とのその後はというと……。

「社内の噂で彼女と付き合っていると聞きました。彼には確かめていません。噂に振り回されるとかまっぴらです。彼と彼女が2人で歩いている姿を何度も見たことがありますが、私だって彼とは月に2回くらいですけど定期的に会っています。相変わらず1日の予定は教えてもらっていますし、私が不機嫌になると必ずフォローをしてくれています。今も体の関係はあまりないんです。そうなると浮気相手ではない気がするんです。もしかしたら彼女が浮気相手で私が本命なんじゃないかとさえ思っています。だって私には毎日連絡をくれるんですから。最後には、彼は私を選んでくれると信じています」

「彼へのメールは1日に10回ほど。これでもだいぶ減ったんですよ。彼を前より信じられるようになりましたから」とあいさんは笑顔で語ります。

1 2
運勢 アラフォー 恋愛運 結婚 貧困女子 金運 時短 婚活 占い セカンド 恋愛講座 不倫 浮気事件簿 キャリア 浮気 恋愛 アラサー アプリ その1 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。