YESマンというわけじゃないけど、信頼してほしい。上司から信用を得られる行動とは?

YESマンというわけじゃないけど、信頼してほしい。上司から信用を得られる行動とは?

就職すると、会社の上司の意見を尊重しつつ仕事をこなさなければなりません。しかし、必ずしも上司の意見を尊重することがYESマンに繋がるとは限らないのです。むしろ、何でも「できます」「やります」「はい」と言う部下を、上司は本当に心の底から信頼するのでしょうか?

チームで仕事するには、お互いの信頼関係が必要になります。上司も信頼できない人には、仕事を頼もうとは思わないはず。では、一体どうすれば上司から信頼される部下になることが出来るのでしょうか?

今回は、仕事を通じて上司から信用を得る行動をご紹介します。

できないことは素直に伝える

上司の意見には、必ずしも全て「はい」と言えばよいわけではありません。依頼された仕事も、上司が指示した納期に間に合わなければ「その納期では間に合いません」と正直に伝えましょう。

逆に、仕事が納期までにできないとわかっているにも関わらず「大丈夫です」と言って無理して引き受けるのは問題です。

上司は、希望納期までに間に合わなければ他の指示を考えるかもしれません。他の人に依頼するかもしれませんし、あなたが納期に間に合うように、仕事を分配するか納期をずらすかもしれません。仕事を引き受ける時に、自分の能力を冷静に見つめなおして納期までに間に合うか考えてみましょう。

そして、できないことは、上司に素直に伝えましょう。また、納期に無理がある案件なら、本当に緊急の仕事なのか確認することも大切です。

上司には「できません」だけではなく、「1人ではできないと思います。他に納期が迫っている仕事があるんです。どうしても緊急でしたら、ヘルプをお願いしたいです」と具体的に「なぜできないのか。どうすれば、できるようになるのか」を伝えるようにすると丁寧です。

仕事を受けたら確認する

上司に仕事を依頼されたときに、上司から納期について発言がなかったとしても必ず確認しましょう。上司が何も言わないからと、「この仕事は、いつでも大丈夫だろう」と勝手に自分で納期を決めて仕事をするのは危険です。上司は、もしかしたら納期を伝えたつもりでいるかもしれません。

また、わからないことは遠慮せずに必ず聞くようにしましょう。わからないまま作業してしまうと、もしその作業が間違っていたら二度手間になるかもしれません。時と場合によっては、失敗は無駄に経費がかかる原因になることがあります。

例えば、上司が指示した箇所を間違えてコピーしてしまったらその部分のコピー代や紙代は無駄になってしまいます。従業員のコスト面に関しても、失敗作業をする時間は無駄な経費に繋がります。少しでも不安に感じることがあれば、上司に確認するようにしましょう。

ただ、上司が他の作業をしていたり忙しそうにしている時は声をかけないなど配慮が必要です。上司が忙しそうなら、わからないことをまとめておいて聞けるタイミングでまとめて聞くようにしましょう。

1 2
不倫 浮気 キャリア 運勢 婚活 アラフォー 美人探偵 恋愛講座 アラサー 浮気事件簿 貧困女子 金運 アプリ セカンド 結婚 占い その1 恋愛 時短 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。