【セカンド女子】私は売り上げ要員!? 飲食店プロデュース業を行なう彼のお店で続ける友人のフリ~その2~

【セカンド女子】私は売り上げ要員!? 飲食店プロデュース業を行なう彼のお店で続ける友人のフリ~その2~

今回お話を伺ったのは、都内のデパートで美容部員として働く富永梨奈さん(仮名・34歳)。胸まである軽いウェーブのかかったロングヘアに、きめ細かそうな白い肌が印象的なかわいい雰囲気のある女性です。

出身は埼玉県で、母親と祖母との3人家族。父親は物心をつく前に病気で亡くなっており、母子家庭で育ちます。初めての彼氏は中学の時にできますが、相手の連絡を待つばかりで相手からの連絡がなくなると疎遠になり自然消滅。高校ではバンドマンと付き合いますが、2人の関係を友人たちにオープンにするタイプで、その行為に傷つき、別れたいと思いながら彼に振られるまで関係は4年も続きました。その後、就職先で仲良くなった女性の友人である男性と出会い、グループで仲良くなっていきますが……。

「休みの日は、ほとんど3人か、彼の友人を入れた4人で過ごすことが多かったですね。彼と友人の女性はお酒が強くて、2人についていこうと必死でお酒を覚えましたよ。仲良くなって半年ほどで、彼のことが大好きになっていました。でもバレて気まずくなりたくなかったので、必死で隠していました」

そんな中、女友達に梨奈さんの気持ちがバレてしまったといいます。

「何かあったわけではなく、態度を見ていたらわかると言われました。私はどこかで、彼女も彼のことが好きだったらどうしようという気持ちがあったんです。でも、全否定されて、協力してくれと頼んでいないのに、家飲みする時には指名されて2人で買い出しに行かされたりなど、2人きりにされる機会が増えましたね。こっちは必死で気持ちを隠していたのに冷や冷やでしたよ」

グループで仲良くしていた時期は2年ほど続いていたものの、あるきっかけでその関係は崩れてしまいます。

「彼女に彼氏ができたんです。彼ではなく、別の人です。そこから付き合いがすっかり悪くなり、最初は彼女なしでも集まっていたんですが、徐々にその機会は少なくなりました。2年も一緒に過ごしたのに、彼女なしでは微妙な関係だったことにショックを受けましたよ。

そして、そのまま集まりはなくなり、数か月後に久しぶりに会おうと誘われた時には彼に彼女がいました。ショック過ぎて、笑顔でお祝いを言えなくて……。泣いてしまって、彼に気持ちが伝わってしまったんです。彼はまったく気づいていなかったみたいで驚きながらも、しっかりと慰めてくれました。告白していないのに、振られたみたいな感じになってしまったので、その後はメールさえもやりとりしない関係になっちゃいましたね」

疎遠になっていた彼からの電話であるパーティーに誘われ……

1 2
アプリ 派遣女子 恋愛運 アラフォー 派遣 恋愛講座 不倫 iPhone 美人探偵 浮気事件簿 結婚 占い アラサー セカンド 運勢 金運 恋愛 婚活 時短 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!