堅実女子ニュース&まとめ 男女の壁を超えるには? 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン監督夫妻に聞く~その2~

1973年に女子テニスの世界チャンピオンで29歳のビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンで55歳のボビー・リッグスが真剣勝負に挑む。それは女子の優勝賞金が男子の1/8であることに抗議したビリー・ジーンの、男性優位主義社会への挑戦状だった――。実話を基にした映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン監督が来日。二人に、夫婦だからこそ感じる映画づくりの楽しさや、仕事でもプライベートでも“相棒”として深い絆を築くコツを聞きました。~その1~はコチラ

ヴァレリー・ファリス(左)&ジョナサン・デイトン監督(右)。『リトル・ミス・サンシャイン』で長編映画監督としてデビュー、その他『ルビー・スパークス』も撮ったオシャれ~な実力派。映画のメインビジュアルをまねてポーズしてくれました。

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』 (c)2018 Twentieth Century Fox

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
(配給:20世紀フォックス映画)
●監督:ヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン ●出演:エマ・ストーン、スティーブ・カレル、アンドレア・ライズブロー、ビル・プルマン、アラン・カミング ほか ●7月6日より全国公開

(あらすじ)
男女平等を訴える運動が盛り上がりを見せる1973年、全米女子テニスチャンピオンのビリー・ジーン・キング(エマ・ストーン)は全米テニス協会を脱退し、仲間と女子テニス協会を立ち上げる。私生活では優しい夫がいたものの、同性の美容師であるマリリンと恋に落ちるビリー。ある日、元世界チャンピオンのボビー・リッグス(スティーブ・カレル)から、驚くべき試合を持ち込まれる。それは賭け事で負債を抱え、妻(エリザベス・シュー)との関係が悪化したボビーの一発逆転を狙う作戦だった……。

男女平等は確実に進歩しているけれど……

セクシャリティーをオープンにすることについて、アメリカの社会はどの程度進んでいますか?

ヴァレリー「73年に比べたらかなりオープンになってきています。私たちの子どもは二十代なんですけど、学校にもLGTB(レズビアン、ゲイ、トランスジェンダー、バイセクシャル等のセクシャルマイノリティーの総称)のグループがあって受け入れられているし、そうしたテーマを映画やTVシリーズが取り上げたりして。ジェンダーアイデンティティー(自身が認識する性別)という意味ではオープンになってきているけど、当時のビリー・ジーンは男女平等を唱えながらも自身の恋愛は秘密にしていたわけで、8年後にオープンにしたくらいだからとても苦労したのだろうと思いますよね」

ジョナサン「25歳の娘はLGTBの人たちを当然のように受け入れるけど、僕らが若い頃は誰も口にしなかった。日本ではどう?」

身近にそういう人がいたりテレビにおねぇタレントがよく出てきたりして、特別なこととは考えなくなってきています。

ヴァレリー「アメリカでもそう。テレビにそうした人たちが出てくるし、『Transparent』というTVドラマが話題になったりしています」

そういえば先日、日本の著名な女性経済評論家がカミングアウトして話題を呼びましたよ。

ジョナサン「それは興味深いね」

ヴァレリー「我々の親世代の中には子育てを終え、夫婦のどちらかが亡くなった後にカミングアウトして本来の自分を生き始める人もいます。男女平等は進歩してるけど、まだまだ足りない気がする」

ジョナサン「かもーん!」

ヴァレリー「確かにうちの夫婦は、私の方が強いかもしれないけど(笑)」

日本でフェミニストの人は「いつも怒っていて怖い」というイメージがあり、女性自身がフェミニストと名乗りたくない傾向がある気もします。

ジョナサン「わかるわかる」

でもビリー・ジーンはそうではなくて。世間の偏見や不平等と闘う姿は格好よくありながら、女性としても魅力的でした。アメリカでは一般的に、フェミニストはどんな印象を持たれていますか?

ヴァレリー「それは超ホットなトピックよ。平等を唱える人という意味で女性だけでなく、男性でもフェミニストという言い方をしますけど 、アメリカでもフェミニストはいつも怒っているとか、レズビアンと決めつけられていました。ビリー・ジーンはそれを変えたくて、フェミニストも落ち着いた知的な人間であるという印象を植え付けたいと考えたわけです」

ジョナサン「彼女は全米テニス協会を離れればキャリアを捨てることになるかもしれないのに、信念を持ち、女性だけのトーナメントを立ち上げるという大事を成し遂げました。リスクを負っても変革を求めた、そこが彼女の偉大さです。映画では、怒りを振りまきながらつき進んだのではないところも見せたかったのです」

ハリウッドでは今年初めに#MeTOOなど、セクハラやパワハラを無くそうという動きが活発になってきていますね。実際に映画監督をしながら、男性優位を感じる瞬間はありますか?

ヴァレリー「私はいつでも夫と一緒に仕事をするのでそうした扱いを受けてないかも。でも女性監督が差別を受けることはとても多いようです、まずチャンスを与えてもらえないとか」

ジョナサン「映画監督と言えば男、そうした先入観のある人や、男の監督に慣れている人はいますね」

ヴァレリー「レンズはこれで?等の質問をジョナサンにしかしないスタッフもいます、私にだってちゃんと答えられるのに。そういう人とは次から仕事をしません(笑)。俳優は私たち二人の意見に幅があることを受け入れてくれるけど、作家性のある偉大な監督は男、という感覚のあるスタッフはいるかも」

ジョナサン「男性監督のなかにはびくびくした現場もあるみたいだけど、僕等の現場はハッピーで居心地がいいと言ってもらえる。コラボレーションを重んじるからね」

ヴァレリー「それと現場では多様性を意識します。ビリー・ジーンが一生を捧げる性的平等だけでなく、貧富や人種についても。なんらかの理由で迫害される人がいないよう、広く誰にでもチャンスが与えられるよう、公平性を意識してスタッフには女性を多く起用しようと思っています。この映画の舞台である1973年にあった戦いは、いまだに続いているというのが驚きですけど」

1974年に「ワールド・テニス・チーム」を立ち上げたビリー・ジーン。その他、エルトン・ジョン・エイズ基金と共にHIV感染者への財政的支援等を行い、2009年にはオバマ大統領から大統領自由勲章を授与された。

1 2