【沼にはまる女たち】それでも嫌いになれない!20歳を超えても門限は20時、娘名義の借金を重ねる過干渉の母~その1~

【沼にはまる女たち】それでも嫌いになれない!20歳を超えても門限は20時、娘名義の借金を重ねる過干渉の母~その1~

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまうケースを紹介する同シリーズ。今回の沼は、過干渉な母親の下、制限された生活から抜け出すことができなくなった「毒親」の沼です。

「もうアラフォーで、経済的に自立しているのに、どうしても母親のことが頭の片隅に常にあるんです」と語るのは、恭子さん(37歳)。現在は兵庫県にある実家で母親の面倒を見ながら、家から近くの運送会社で事務として働いています。

少し茶色に染めた髪の頭部部分からは数本白髪が確認できるものの、パッチリとした丸く大きな瞳とスレンダーな体型は、若い頃はモテたような雰囲気があります。

兄妹の中で自分だけが干渉され続ける幼少期

恭子さんは8歳上に兄、6歳上に姉がいる4人家族。父親は恭子さんが幼い頃に離婚したそうです。兄妹の中で自分だけが干渉され続けた理由について、思い当たることがあるか伺いました。

「兄と姉は、私が物心をついた頃には母親との仲はあまりよくありませんでした。それに、兄と姉は中学生の時にややヤンチャだったというか、少し悪かったんです。私だけはそうならないようにと、母が守ろうとしていたのかもしれません。小さい頃は兄、姉ともに私のことをかわいがってくれたんですけど、母親の前では兄妹で距離を取るような態度を演じていましたね。家族なのに、どこかギスギスした関係。我が家はそんな感じでした」

思春期に入るとモテ始めた恭子さんを、母親は厳しく躾けたと言います。

「中学に入ると、急にモテ始めたんです。特に何か意識したり、オシャレに目覚めたわけじゃないんですけど。知らない人から下駄箱に手紙をもらったり、クラスメートに遊びに誘われたりするようになり、一度母親に異性からもらった手紙を勝手に読まれたんです。いきなり手紙をテーブルに叩きつけられて、『異性と付き合うなんて早すぎる』と今までないキツイ口調で怒られました。そこから門限が始まり、17時になりました。前までは早く帰って来るようにとは言われていましたが、門限はなかったんです。当時バレー部に所属していたので、部活終わりに走って帰ってギリギリの時間でしたね」

兄、姉が次々と母親の元を離れていき……

1 2
貧困女子 恋愛運 アラフォー セカンド 美人探偵 恋愛講座 不倫 婚活 金運 アラサー その1 運勢 占い 時短 アプリ iPhone 恋愛 結婚 浮気 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。