企画を上手に通したい!プレゼンを成功させる魔法の言葉

企画を上手に通したい!プレゼンを成功させる魔法の言葉

みなさんは、本当にやりたい仕事を実現していますか?企業で自分のやりたいアイデアを通すためには、プレゼンで上手く企画をPRするスキルは必要です。

しかし、プレゼンはトークスキルや人前で話をするのが得意なら良いというわけではありません。聞き手にわかりやすく伝えたい内容を伝えることが大切です。プレゼンは場数を踏めば踏むほど上手になり、コツをつかめるようになります。ある程度のコツさえわかれば、相手の心をつかめるプレゼンができるようになります。

今回は、仕事で自分のやりたいことができるようになるための、プレゼンを成功させる魔法のフレーズをご紹介します。

上手く話すよりも、アイコンタクトと笑顔が大切

プレゼンで大切なのは、聞き手に企画を理解してもらうことです。ついホワイトボードやスライドを見ながら自分のペースで話を進めてしまう人がいますが、これはNGです。プレゼンこそ、コミュニケーションスキルが問われる仕事です。聞き手のペースを無視して一方的に話をするのは、絶対にやめましょう。

トークスキルよりも、聞き手が理解しているかどうかをアイコンタクトをとりながら話をしましょう。また、常に笑顔は絶やさないように。トークのスピードも、速すぎず遅すぎず聞き手が聞き取りやすいスピードで話しましょう。

本番前には練習をしておこう

また、プレゼン前には緊張して話をすることのないように、自宅で声を出しての練習を何度も繰り返してみましょう。なるべく「でも」「うーん」「あのですね」など、無駄な接続語を入れないようにスムーズに話せるまで練習しておくと良いでしょう。

もし本番で緊張しても「すみません、今ちょっと緊張しております」と伝えるのはやめましょう。聞き手が知りたいのは、あなたではなく企画の内容です。相手からすれば、言い訳としか受け取ってもらえません。

プレゼンは「凄い資料」より「わかりやすい資料」を目指そう

プレゼンには、誰もが驚くような凄い内容を書かなければいけないわけではありません。むしろ、聞き手に「いかに伝わるか」が大切です。特に、冒頭文(=イントロダクション)はプレゼンの話を聞きたくなるかどうかの導入として大切なので、わかりやすく作成するように心がけてください。また、話の最後のまとめ部分(=クロージング)も「何を伝えたいのか」を完結にわかりやすく書くようにしましょう。

プレゼン資料を作成したら、何度も読み直してみるのも大切です。特に、スライドで発表する場合はパワーポイント等で作る人も多いかと思いますが、何度も自分のパソコンでスライドショーを行なってみてください。特にパワーポイントは、文字にアニメーション効果などを入れたりできるのですが、時と場合によってはアニメ効果によって内容が入ってこないことがあります。また、資料は作成したら一度パソコンの中で寝かせてみて、次の日に再びチェックするのも大切です。一度日を置いてからチェックすると、ミスが見つけやすくなります。

1 2
その1 婚活 アラサー 美人探偵 恋愛講座 金運 運勢 浮気 恋愛 浮気事件簿 アプリ 恋愛運 アラフォー 占い キャリア 不倫 セカンド 時短 貧困女子 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。