堅実女子ニュース&まとめ 夏休みに行ってみる? 「ナイトプール」「グランピング」「VRアトラクション」話題の10ワード集めてみました!

3位:ナイトプール/40.5%の人が言葉の意味を知っている

ナイトプール イメージ

ナイトプール イメージ。

その名の通り、夜営業するプールのこと。泳ぐよりも、雰囲気を楽しんだり、写真撮影をしたりといった目的がメインになっているよう。SNS映え人気と相まって、女性を中心に人気が急上昇。テレビやネットでもよく目にしますね。

【「ナイトプール」経験者からのコメント】
「幻想的だった」
「夜のプールは何だかエキゾチックで、お酒も美味しく、音楽や演奏も魅力的でした」

2位:ミステリーツアー/48.4%の人が言葉の意味を知っている

ミステリーツアー イメージ

ミステリーツアー イメージ。

旅行の目的地が明かされずに当日を迎えるツアーを「ミステリーツアー」といいます。行先がわからないドキドキ感や、少ない情報を頼りに行先を推理する面白さが人気です。ドキドキとしたスリルを味わいたい人にはおススメです!

【「ミステリーツアー」経験者からのコメント】
「当日まで行先がわからないので、想像するのが本当に楽しかった」
「着いてからのお楽しみで価格の割に良いところに当たる」

1位:聖地巡礼(宗教的なものとは異なる)/54.2%の人が言葉の意味を知っている

聖地巡礼 イメージ

聖地巡礼 イメージ。

アニメや映画の舞台となった地を訪れる「聖地巡礼」の認知度が1位。昔から映画の舞台を訪れるという行為は一般的だったものの、ネット上での盛り上がりや、地域自体が積極的にアピールするなどの動きがあって、特にアニメの世界を中心に人気が高まっています。

【「聖地巡礼」経験者からのコメント】
「映像でみていた場所に立てる喜び 場面が思い浮かんでくる」
「同じポーズをとってみたりして映画を反芻することができて楽しい」

 

聖地巡礼は2人に1人程度は知っており、インフィニティプール以下は、まだ10人に1人以下しか知らないという結果に。

聖地巡礼は2人に1人程度は知っており、インフィニティプール以下は、まだ10人に1人以下しか知らないという結果に。

 

今回挙げたもののいずれかに「実際に行ったこと、やったことがある人」全体に聞いたところ、「写真を撮影し、SNSやブログにその写真を投稿(共有)した」人は33%。写真をただ撮影しただけ(投稿はなし)の人よりも多い結果となりました。
自身の体験を気軽に共有できる今、他人と共有したくなるような特別な体験が求められ、旅行スタイルも多様化してきているようです。
この夏、あなたはどんな体験をシェアしますか?

 

【参考】株式会社 阪急交通社
【調査概要】
有効回答数:2206名(経験者、認知度調査における回答数)
223名(経験者に絞った設問における回答数)
調査期間:2018/6/13~2018/6/22
調査対象:全国、20代以上の男女
調査手法:Webアンケート

1 2