堅実女子ニュース&まとめ 普段はワンピースなのに、海外に行くと“原色の三角ビキニ”を着用!国境を超えると大胆になる、日本人女性の心理

7月7日は七夕以外だけではなく「ビキニスタイルの日」だったことをご存知でしょうか。1946年のこの日にフランスのルイ・レアールが、世界で最も小さい水着としてビキニを発表したことにちなんで制定されたそう。そこで今回「エアトリ」ではこの日にちなみ「旅先での水着」をテーマにした意識調査を実施しています。

海外に行くと、水着のスタイルも色も大胆なチョイスに!

まず国内旅行と海外旅行それぞれでチョイスする、水着のスタイルについて質問。今年も夏旅行で海やプールに入る計画がある人も多いと思いますが、果たして国内と海外では選ぶ水着に違いがあるのでしょか?その調査結果は次の通りです。

とはいえ国内でも14.3%の人が「三角ビキニ」を着用。着用している年代が気になるところです。

国内旅行で圧倒的に人気なのは「ワンピース」(36.0%)。海外旅行でも1位は同様ですが、割合を見ると21.3%とかなり減っています。そして2位は「三角ビキニ」で18.8%。差はわずか2.5%で、海外限定で三角ビキニを着る人は少なからず存在することが分かります。

さらに同調査では、国内旅行と海外旅行で選ぶ水着についての「色」についてもアンケートを実施。こちらも水着のスタイル同様、国内と海外では違いがあるのでしょうか?結果はこちらになります。

 

  • 国内の海やプールで着用することが多い水着の色

1位 えんじ・紺など渋めの色……43.3%

2位 赤・青・黄などの原色……34.2%

3位 黒か白……17.2%

4位 蛍光色……3.2%

 

  • 海外の海やプールで着用することが多い水着の色

1位 赤・青・黄などの原色……42.5%

2位 えんじ・紺など渋めの色……36.3%

3位 黒か白……10.9%

4位 蛍光色……7.5 %

国内では「えんじ・紺など渋めの色」が1位なのに対して、海外では「赤・青・黄などの原色」が堂々1位。海外では水着がスタイルも色も大胆になる傾向があるといえそうです。

1 2