堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】保育士になるための学費ローンも水の泡、20代なのに30歳のような心境~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている平尾涼子さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。

1年以上切っていないという伸ばしっぱなしのロングヘアを後ろにまとめ、大き目のバナナクリップで留めています。紺色の前ボタンのシャツに、白いサブリナパンツを合わせ、素足に紺地のスリッポンを履いていました。日焼けした地黒の肌に、マスカラと眉を描いただけのメイクですが、くっきりとした顔だち。「こっちだと目立つのですが、親戚も、みんな顔が濃いんです」。

現在はネットショッピング専門の化粧品メーカーで、コールセンターの入力オペレーターとして働いています。「夜間の時間帯だと、時給が上がるので主に深夜帯にシフトを入れるようにしています」という彼女。保育士の資格を取得するために借りた学費を、まだ支払っています。

涼子さんは鹿児島県大島郡で生まれ育ちました。父は地元の漁業組合に所属し、食品加工製造員として働いています。母も、内職や地元の食品販売などを家計を助けていました。4歳上の姉、4歳下の弟、6歳下の弟の4人姉弟のため、裕福ではない家庭に育ちました。子どもの頃から住んでいた一軒家は、子供部屋が一部屋しかなく狭苦しい中で生活をしていました。赤ちゃんだった弟のおむつ替えや、抱っこなどをしていたため、小さな子供のお世話には抵抗がなかったと言います。

「うちの地元はみんな子供が多いんです。同級生には13人兄弟の子もいました。4人姉弟もそんなに特別ではなかったので、上京して”4人姉弟”っていうと驚かれるのが不思議でしたね」

4つ年上の姉は昼間はバイトをしながら定時制高校に通っていましたが、涼子さんは全日制の高校に進学します。

「親は小学校も中学校も、義務教育だから進学するという考えでした。私も勉強が得意な方ではなかったので、高校はどうしようかと迷ったのですが、周りの先生からも”高校は出ておいた方が良い”と説得されて、商業科がある高校に進学しました」

就職先では、パート職員から仲間外れにされる過酷な日々

1 2