堅実女子ニュース&まとめ 【沼にはまる女たち】16kg痩せを達成したダイエット沼、アラフォー女子の減量の悦び~その1~

どこにでもいる女性でも、ふとしたきっかけでその世界の『沼』にハマる……そんな背景を紹介するシリーズ。今回は、「ダイエットの沼」を紹介します。

体重の増減に一喜一憂するどころか、摂食障害になるほど、ダイエットにハマってしまった志保さん(38歳)にお話を伺いました。現在の身長156cmで、体重は53kg。この3年間で最高に痩せていたときの体重は40kgだったといいます。彼女は都内の短大卒業後、人材派遣会社に事務職として勤務し、18年になります。

ダイエットにハマったきっかけは、駅で男性からすれ違いざまに「デブ」と言われたこと

「30歳を超えてから1年で1~2kgのペースで太り続け、気が付けば60kgになっており、駅で男性にすれ違いざまに“デブ”と言われることも増えました。原因はお酒の飲み過ぎと、パンの食べ歩きです。1週間に5軒くらいのペースでパン屋さんを巡り、店頭でカレーパンやデニッシュ類を食べていました。それに30歳のときに千葉の実家を出て、都内で一人暮らしを始めたのですが、夜、誰もしゃべる人がいないから、ついお酒を飲むようになっていたこと。これは太ります」

お酒は太る、と志保さんは言います。そもそもお酒はジュース並みの糖質があり、餃子や揚げ物など高カロリーな食べ物と相性がいいからだといいます。

「私は、パンとお酒を一緒に食べることにハマりました。今まで家族の目があったから、できなかったのですが、食パンに生クリームやカスタードクリームなどを乗せて、缶チューハイで流し込んでいましたね。それに、お酒とパンは中毒性が高い。夕方になると“どうしても飲みたい!食べたい!”となってしまい、通勤電車の中でチューハイを開け、パンをこそこそと食べていたこともありました」

グリーンスムージーでおデブに加速

もともと太りにくい体質だったのに、あっという間に体重が増えたといいます。

「ダイエットを決意してから、ランチを抜いたり、プチ断食をしたり、カロリーをカットするサプリを飲んだりしていましたが、全然効果がないんですよ。久しぶりに実家に帰ると、母親から“あんた大丈夫?”と言われるようになりました。背中が小山のようになり、実家のお風呂を狭く感じるようになったし、着られる服がなくなってしまったんです」

ダイエットサプリメントを、20万円分くらいお試し!

1 2