堅実女子ニュース&まとめ ああ夏休み!子どもはうれしいけど、ママの本音は「疲れる」……中でも憂鬱なのは、お昼のアレ!

7割のお母さんは「夏はやる気が下がる」と回答!

また同調査によると、“夏”という季節も、母親が昼ご飯づくりを憂鬱にさせる大きな要因となっているようです。まずは以下の調査結果をご覧ください。

夏にやる気が上がる人はごくごくわずか!こう暑いとテンションも上がりません。

夏に料理をすることに関して、普段と比較したやる気の変化について質問したところ、31.1%が「やる気がとても下がる」、39.0%が「やる気がやや下がる」と回答。合計70.1%の母親が、季節の中で夏に一番やる気を失っているのです。その理由についての自由回答をみると、「暑いので火を使うのが億劫になる」「暑いので火を使いたくない」といった声が。特に今年のような酷暑ではいくらエアコンをつけても、真昼間に火を使いたくないでしょう。お仕事で昼間いないお母さんは、朝にお弁当などを作って置いておくケースが多いと思いますが、今の時期は朝だって暑いのです。とにかく余計な家事は増やしたくありません。

洗い物をするのも夏休みは面倒です……。

そんな夏休みのお昼ご飯問題に悩む母親は、実際どんな昼ご飯を作っているのでしょうか?そこで同調査では「夏に料理をする上で最も重要視するポイント」を質問。結果は以下の通りです。

 

  • 夏に料理をする上で最も重要視するポイント

1位 簡単にできること……40.9%

2位 調理時間の短さ……22.1%

3位 なるべく火を使わないこと……17.9%

4位 栄養バランス……11.1%

5位 見栄えの良さ……2.5%

5位 洗い物が少ないこと……2.5%

 

やはり「簡単」「時短」「火を使わない」が夏休みの昼ご飯における大きなポイントとなるようです。皆さん、適度に手を抜いて乗り切りましょう!

 

【調査概要】
調査主体:Oisix、夏休みの家事に関する調査
調査時期:2018年7月12日~7月13日
調査属性:一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)にお住まいで、幼児(1歳~幼稚園)または、小学生のお子さまをお持ちの20代~40代の女性
調査数:557
調査方法:インターネット調査

1 2