堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】接客業はやる気搾取!?周りのパートから嫌われ退職。編集業を夢見る歴女~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている大井奈津子さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。

落ち着いたブラウンのロングヘアに黒地のリボンがついたストローハットを合わせ、白のフレンチスリーブのシャツ、紺地のフレアスカートにウェッジソールのサンダルを履いていました。色白の肌に目元を強調したメイクは、オレンジレッドのグロスが健康的な印象を与えています。耳元の大きめなフリンジがついたピアスと、オレンジ色のネイルは渋谷や原宿などにいそうな雰囲気です。「もともとは、アパレルショップの販売員だったんです」というのも納得です。

現在は医療系の出版社で、編集補助として働いています。「プレゼントの発送業務や、画像などの手配などを行なっていて、自分が思っていた編集とはちょっと違うような気がしているんです」という彼女。将来的には、歴史関係の仕事に就きたいそう。

奈津子さんは東京都杉並区で生まれ育ちました。電気の安全調査員をしていた父と、総合病院に勤務していた看護師の母の3人家族。母親は小さいころから夜勤などで家を空けることが多かったため、母方の祖母の家に預けられていました。土曜日も仕事だった母に代わり、父と過ごすことが多かったといいます。

「保育園のころから、友達同士でご飯を食べに行っても、うちだけ全部ご飯を食べ終わるまでジュースを飲んではいけないとか、母が厳しかったんです。どうしてもジュースが飲みたくて、ミートボールを全部口に入れて一気食いした記憶があります」

鉄道や、歴史が好きだった父の影響で、彼女も日本史に興味を持ちます。

「小学校の時から、城を見るのが好きで、漫画で読める日本の歴史の本を読んでいました。歴史の本を読んで、歴史上の人物をどういう人だったのかなって想像をしたり、自分でオリジナルストーリーを考えるのも好きでした」

中学に入学すると、部活動に励みます。

「中学生のころは、考古学者とかにも憧れたのですが、学校ではバカにされそうで隠していました。ソフトテニス部に所属していたのですが、3年生の時に部長になったので、練習回数を増やしたり、自主練もして準々決勝までは勝つことができました」

持ち前のきつい性格が災いし、部活動で孤立

1 2