【沼にはまる女たち】学歴コンプレックスを補う手段は資格と習い事。止まらないスキルアップの欲の終着点とは?~その2~

【沼にはまる女たち】学歴コンプレックスを補う手段は資格と習い事。止まらないスキルアップの欲の終着点とは?~その2~

資格は取れたものの、なかなか総合病院の正社員には採用されず。まだ何か足りないんだと考えた清美さんは面接で受かるために、対人スキル、ビジネスコミュニケーションのセミナーに参加。そこで字の汚さを指摘されたことにより、ペン字を通信教育で習うなど、スキルアップのために借金までして通い続けます。

「正社員になれる前は、ずっと週2~3のアルバイトだけだったので貯金なんて全然なくて。セミナーは週末を利用して2日間朝から夜までガッツリ受けて7万くらいしたと思います。そこで私はクセが強い丸文字で、読みにくいと講師の方に指摘されたんですよね。すぐに通信講座でペン字を申し込みました。自分が恥ずかしいと思うところを1つ1つ排除できている感覚がして、気分が上がっていきましたね。借金をすることには不思議と不安はありませんでした。いつかもっと仕事ができるようになったら、すぐに返せると思っていましたから」

つなぎのドラッグストアで知った新しい資格

清美さんは病院に採用されない時期のつなぎとして、ドラッグストアでアルバイトを始めます。そこで登録販売者という資格を知ったと言います。

「そのドラッグストアでは店長が推薦する従業員に選ばれると、会社のお金で勉強や受験ができる制度がありました。今は薬事法が改正されて、誰にでも受験資格があるんですが、当時は薬局勤務2年以上ないと受験資格さえもらえなかったんです。なので、つなぎのつもりだったけど、フルのアルバイトとして入って、店長に必死で媚び続けましたよ。クリスマスなどのイベント時期は、アルバイトが少なくてお店は大変なんですよ。私は率先してシフトに入り続けましたね。その甲斐もあって、推薦をもらうことができました。そこから、薬のことや体の仕組み、店の経営までを1年かけて必死で勉強しました。受かった時の達成感は本当にすごかったです」

その後、より条件の良いドラッグストアへ転職して、登録販売者の資格を活かして働いていると言います。しかし、毎年新しい登録販売者や薬剤師がお店に配属される度に、年齢を気にしてしまうのだとか。今はドラッグストアの棚卸のためのデータベースの効率化を図るため、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の資格取得に向けて勉強中だそうです。

「私には土台となる学がないので。資格が1つ増えると、自分はここにいていいんだと安心できるんですよ。もしもに備える保険みたいなものですね。どこで満足できるのか、自分でもよくわかりません。悪いことだとは思っていないので、働くことをリタイアするまで続くような気もしていますね」

「今でも総合病院で働きたい思いはあります。でも登録販売者の資格は一定期間の勤務がないと、見習いというものになって1人で薬を売れなくなってしまうので……」と、やりたいことよりも資格に左右されている。

1 2
キャリア 美人探偵 貧困女子 マッチングアプリ アラフォー 浮気事件簿 アプリ 不倫 セカンド 恋愛講座 その1 占い 金運 運勢 結婚 婚活 恋愛運 浮気 アラサー 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。