堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・更新なし】低賃金とハードワーク、友人に騙され、アルコールに依存。派遣で働く今もランチプチ飲酒がやめられない~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている村岡望さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。

ふわりとした内巻きのボブヘアに、メダルのような大き目のピアス、黒のノースリーブカットソーに、黒地にボタニカル柄のロングスカートを合わせていました。黒地のリボンテープのサンダルにベージュのクラッチバッグを持ち、少し焼けた肌が健康的な印象です。発色の良いグリーンのアイシャドウに、たっぷりと塗られたマスカラ、オレンジレッドの口紅はまるでリゾート帰りのよう。「今日はちょっと遊びに行くメイクなんです(笑)。この後、暑気払いで飲みに行く予定なんですよ」と楽しそうに話す望さん。現在は、飲料メーカーの経理部で事務して働いているそうです。

「お酒が好きなので、自社商品を貰えると思って働いたのですが、とくになにも貰えないですね」

実は望さん、バーや居酒屋で飲む以外にも、ランチタイムにまでアルコールを飲んでいるのだとか。彼女は千葉県佐倉市で実家を改造したスペースを使って学習塾をしていた父と、学校給食センターの調理場で働いていた母の3人家族です。自宅の1階には、小学校から中学までの生徒が勉強を習いに来ていたため、2階にある子供部屋で過ごす時間が長かったと言います。

「父は会社勤めが続かなくて、私が生まれる前から実家を改造して学習塾を始めたみたいです。それだけでは収入が少なかったため、予備校の模試の採点の手伝いをし、塾講師も掛け持ちでしていました。生徒の教科書に勝手にアンダーラインを引いたり、学校から配られた配布物を折り曲げてしまったりと、トラブルも多くて玄関先で“だったらもう来るな!!”と生徒に怒鳴っている姿を覚えています」

実家が学習塾をしていたため、成績が悪くなってはいけないと常にストレスを感じていたとか。

「私のテストの成績が悪いと、父が“こんなものもできないのか”と罵倒するんです。そのあとで父は台所に行き、お酒を飲みだすんです。“馬鹿か!”とか言いながら、飲んでいるその姿は子供心に嫌だなあ、と感じていました」

中学に入学すると、自宅にいたくないため部活動に励むようになります。

「小学校の時に、たまたま練習風景を見て楽しそうだなと思って、バレーボール部に入部しました。家に帰ると父がいるのがストレスだったので、そのまま中学に入学しても、部活は続けていました。バレー部は遅くまで練習があったのでちょうどよかったんです」

塾に通わせてもらえず、独学で大学の受験勉強

1 2