夏こそお風呂に入ろう! 美肌にお風呂が欠かせない6の理由

夏こそお風呂に入ろう! 美肌にお風呂が欠かせない6の理由

暑い季節はササッとシャワーだけで済ませてしまいがちですが、美容のためには湯船に浸かったほうがいい!? ということで、湯船に浸かるメリットをご紹介します。シャワーだけのお風呂はやめて、美肌への一歩を!

美肌にお風呂が欠かせない6つの理由

1 血液の循環を促す効果

お風呂に浸かると、全身に水圧がかかります。その水圧は、ウエストを3~6センチも縮めてしまうくらい強いもの。この水圧で横隔膜が押し上げられ、肺から空気が外に排出されます。そして、呼吸の回数が増え、心臓が動き、心肺機能が高まります。その結果、血流は促進されるのです。それと同時にお風呂で温められた血液が全身を巡ることで体が温まり、血流が高まります。
血液には体の中に溜まった毒素や老廃物を運んで、尿として排出させる役割があるため、血液循環がスムーズでないと、それらを溜め込むことになり、結果的に美肌が妨げられることに。

2 体を温めてくれる効果

「和温療法」という療法が話題になっています。これは“心地よく心身をリフレッシュさせる温もり”の意味があり、自己免疫や生体防御機能を活性化する効果が認められています。その観点からも心地よい温度で体を温め、血管機能に働きかける入浴の温浴効果は理想的といえます。

3 良質な睡眠へと導いてくれる

入浴すると、温められた血液が全身を巡るため一時的に体温が上がります。一方、温熱効果により血管が拡張している状態は、熱を放出しやすい状態でもあるので、お風呂からあがり、しばらくすると適切に体温は下がります。私たちの体には、体温が下がるときに眠気を感じるシステムが体に組み込まれているので、スムーズに睡眠へと導いてくれるというわけです。

4 リラックス効果がUP

入浴は、温浴効果、浮力効果により、心と身体をリラックスさせる効果があります。交感神経から副交感神経へとスイッチを切り替えるという、重要な役割を果たしているのです。リラックスが良質な睡眠につながり、結果的に、美肌に欠かせない成長ホルモンや女性ホルモンの分泌にも関係しています。

▼続きは次のページで!

5 新陳代謝の促進

美肌のためには、新陳代謝を活発にして、つねに新しい細胞に入れ替える必要があります。それを促すのは成長ホルモンです。成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されすので、そのためにも良質な睡眠が必要です。同時に、女性の健康維持や肌の弾力をつくる女性ホルモンも睡眠時に分泌されます。

6 浸かるだけで手軽にボディケア

自分の目的に合わせた入浴剤を使って手軽にボディケアもできます。リラックスを目的にしたもの、スキンケアを目的に特化した入浴剤など、お気に入りの入浴剤で楽しみましょう。入浴剤は、全身の肌をくまなく均一にケア、背中や脚の裏側など、手の届きづらい部分にも成分を届けることができます。

結婚 恋愛運 恋愛 アプリ 浮気事件簿 金運 キャリア 美人探偵 貧困女子 占い アラサー セカンド 恋愛講座 婚活 浮気 不倫 運勢 時短 その1 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。