堅実女子ニュース&まとめ パケ代の無駄遣いや情報のダダ漏れも! SNSに写真をアップする時に注意したいこと

撮った写真や思い出を、すぐにその場でみんなにシェアできるのが、スマホやSNSの魅力のひとつ。ですが、「こんなはずでは…」といったトラブルを回避するためにも、SNSに写真をアップする前に覚えておきたい注意点をご紹介します。

大きすぎる写真はパケ代の無駄遣い!

スマホのパケット代は月に7GB以上は速度制限など、上限が設けられているのが一般的。一方でスマホのカメラはどんどん高画質になっていて、その分、1枚当たりの写真のサイズも大きくなっています。貴重なパケット代を無駄遣いしないためにも、写真をアップロードする際には、サイズを小さくリサイズするのが賢い方法。カンタンにリサイズできるアプリをうまく使いましょう。

カンタンリサイズアプリ
kenjo_20140826_01バッチリサイズ
iPhone/無料
複数の写真を選んで、一括リサイズできるアプリ。サイズも自由に設定できる。

kenjo_20140826_02image easy resizer
Android/無料
10枚までの写真をまとめてリサイズ可能。画像のファイル形式も変換できる。

写真からの情報ダダ漏れに要注意!

「友達しか見ていないから」と油断していたら、いつの間にか、友達から他人へと広がっていた…なんてこともあるのが、SNSのちょっと怖いところ。他人に見られたくない写真はもちろん、住所がカンタンに特定されるような写真は、控えたほうが無難。しかし、スマホの設定によっては、写真そのものに位置情報が付加されてしまうケースも。心配な人はスマホの設定を変更して、写真にジオタグと呼ばれる位置情報が、勝手に付加されないようにしておきましょう。次の手順は『iPhone』のものだが、Androidスマホも同様に設定変更できます。

ジオタグをオフにする(『iPhone』の場合)

kenjo_20140826_03
←「設定」の「プライバシー」にある「位置情報サービス」を選択。

kenjo_20140826_04
←アプリの一覧が表示されるので、「カメラ」の項目をオフに。

▼「Facebook」で友達からのタグ付けを回避する方法は次のページで

1 2