50歳でモテ期到来!?すずまりさんの女子改革! Vol.1セルフィーを撮ることで、自分の中に革命が起きた!

50歳でモテ期到来!?すずまりさんの女子改革! Vol.1セルフィーを撮ることで、自分の中に革命が起きた!

「将来の結婚に向けて、積極的に恋活や婚活をしているのに、なかなかうまくいかない」、「男性と縁がなさすぎて、神頼みしかできない」……堅実女子の皆さんのお話を伺っていると、そんな声を耳にします。

今ネットで、48歳からセルフィーを始めて気が付いたら50歳で彼氏ができていた、という女性が話題になっています。その女性は、すずまりさん。セルフィーを撮ることで自分の中に革命を起こし、どんどん変身して、今や27歳のイタリア人の彼氏ができました。どうしたらそんな風になれるのでしょうか?

かつてはすずまりさんも「自分に自信がない」女子だったそうです。でも、そんな人生を変え、女性としての自信をUPさせるすずまりさんがやってきたことを伺いました。

すずまりさん…IT、家電、モバイル、ヘルステックジャンルで執筆するフリーライター。女性のライフスタイルでのデジタルデバイス活用法に詳しい。自身の不眠経験から睡眠の重要性に気づき、睡眠改善インストラクターの資格を取得。主な著書に『iPhone 仕事便利帳』(SBクリエイティブ)、『Facebook仕事便利帳―情報も人脈も得る180の活用法』(SBクリエイティブ)などがある。suzumarix.com

痩せたら幸せになれるわけではない!自己受容と笑顔が大切

すずまりさんは現在50歳。48歳のときにセルフィーを始めて、自分を撮っていくうちに人生が激変したとか。それまでは、どんな感じだったのですか?

「48歳でセルフィーを始めるまで、“ただのおばさん”でした。いつもTシャツにデニムで、色気のないファッションをして、流行おくれのメイクをして、地味に生きてきたんです。独身で、彼氏も長く続かなかったな。以前、痩せたら人生が変わるんじゃないかと思い、16キロのダイエットに成功して自分では満足したのですが、毎日の生活は全然変わりませんでしたね」

当時は、“社会の常識”を忖度しつつ生きてきたかもしれない……と振り返る、すずまりさん。「自分がこんなことをしてはいけない」「自分はこの属性」という、リミッターを設定していたようです。

「それまでの私は、“セルフィーは若くて美人な女の子しかしないものだ”“おばさんがセルフィーなんて痛い”と思い込んでいました。日本社会には、“大人女子”に自粛を強要するような空気が流れている……それを感じている人も多いのではないでしょうか。

当時は自分の顔も大嫌いだったので、セルフィーは仕事でスマホやデジカメを試すときのみ行なっていました。それさえも、気恥ずかしかったですね。

しかし、あるとき年下の友達がセルフィーをとても楽しそうにやっているところに遭遇したんですよ。ライトなど最新のセルフィーグッズを駆使して、とってもかわいい表情や変顔を作って自撮りをしているんですよ。それで、私も一緒に撮るようになったんです。

セルフィーは、“社会の常識への忖度”などの日本女子にかけられた“呪い”をぶっ飛ばすくらいの威力があると思いますよ」

1 2
アプリ 時短 美人探偵 不倫 恋愛講座 セカンド 結婚 浮気事件簿 婚活 アラフォー 金運 派遣女子 アラサー 占い 貧困女子 派遣 恋愛運 恋愛 運勢 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!