50歳でモテ期到来!?すずまりさんの女子改革! Vol.1セルフィーを撮ることで、自分の中に革命が起きた!

50歳でモテ期到来!?すずまりさんの女子改革! Vol.1セルフィーを撮ることで、自分の中に革命が起きた!

大っ嫌いな私の顔が、美人に撮れている!

彼女とセルフィーで一緒に写真に映ってみたら、自分の顔がすごくきれいに撮れていたといいます。

「これは心の底から驚きました。最新の端末のビューティーモードを使うと、肌は美しく、黒目は大きく補正されて、私の顔がすごくかわいい写真になるんです。これは、衝撃的な事件でした。その後も何度も友達とセルフィーをして、自分の顔がいちばんかわいく見える角度、表情など研究しまくりました」

自分の顔が嫌い、セルフィーが苦手だという人は、友達と一緒に始めてみるといいかもしれませんね。

「一人だと照れや恥ずかしさがありますが、友達と一緒に思いっきりいい表情をして写真を取る。テンションをガッと上げて、キャーキャー言いながら撮ることをおすすめします。これを続けているうちに、自分の顔が好きになりました。それまでもメイクはバッチリしていましたが、流行を追うとか、そういうことは一切してませんでした。今ではまつエクするし、ジェルネイルも毎月行くなど定期的にメンテナンスしています。
まつ毛エクステンションをしたり、アイメイクを研究したり、それまで“私とは無関係”と一線を引いていた“女子的なモノ・コト”を積極的に取り入れていくようになりました。10年以上通っていたヘアサロンも変え、外見から変えていったら、女としての自己肯定観がどんどん高まっていったのです」

同時に、端末やグッズ選びも楽しくなり、仕事の幅も広がったとか。

「ライティングひとつでキレイ度が格段に変わりますよ。あとは端末選びも大切ですね。ちなみに、私が使っている端末は、HUAWEI Mate10 ProやGalaxy Note8といったスマートフォンと、CASIO TR miniというセルフィーに特化したカメラです。これでますますセルフィーが楽しくなり、整えられた顔の自分を見て、“私も美人になれるんだ”と心から感じるようになったのです。すると、それまで私のことを美人だとも何とも思っていない人が“すずまりさんはもともと美人だから”と言うようになったんです」

女性の中には、親や周囲の人から「あなたは美人じゃないんだから控えめにしていなさい」とか「不美人なんだから勉強を頑張りなさい」などと言われた経験がある人もいます。

「私もその一人です。私に48年間かけられていた“自分は美しくない”という呪いが、セルフィーを続けるうちにどんどん解けていくのです。それに伴い、男性から食事に誘われるようになりました。それと同時に、マッチングアプリでの恋活に本腰を入れ始めたんです」

すずまりさんの昔の写真を見せていただいたところ……、

セルフィーを始める前の写真。表情が固いことがわかる。ビューティーモードがあるスマホやアプリも使用していない。

「このころはセルフィーをしていなかったから、自分の全身写真とか基本的にないんですよね。くせ毛で、髪質も細めでふわふわなのに、中途半端にしばらざるを得なかったので、アホ毛がすごくて、痩せたせいで顔も皺っぽくなってて、どうしていいのか本当にわからなかった時代です(苦笑)」
 
セルフィーを始めたことで、すっかり笑顔がナチュラルになっています。好感度が全然違いますね!

セルフィーを始めて1年くらいの写真。笑顔が柔らかくなっていることがわかる。

マッチングアプリではイケメン男性からの求愛の嵐!女性としての自信をつけていき……Vol.2(明日配信)に続きます

1 2
美人探偵 結婚 時短 恋愛運 不倫 その1 占い 恋愛講座 アラフォー 運勢 婚活 浮気事件簿 セカンド 金運 アプリ アラサー キャリア 恋愛 浮気 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。