【セカンド女子】飼い猫を預かってくれる女性は本当に友人!?ペットホテルに飾られた、衝撃の写真の意味するものは……~その1~

【セカンド女子】飼い猫を預かってくれる女性は本当に友人!?ペットホテルに飾られた、衝撃の写真の意味するものは……~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の企業に派遣のデザイナーとして働く徳井結子さん(仮名・36歳)。鎖骨まである明るい茶髪はふんわりと巻かれていて、目尻に長めにひかれた赤のアイシャドウが目を引きます。服装は黒のロングワンピースにフリンジの付いた総柄のカーディガンを羽織っています。カバンはアパレルブランドのトートバックを持っており、旅行カバンのような大きさ。「何かあった時のためにと色んなものをカバンに入れて持ち歩いているので、いつもカバンの重さは7キロくらいありますよ」とのこと。そんな結子さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は都心よりの千葉県で、2歳上に姉がいる4人家族です。家族仲はあまりよくありませんね。小さい頃はまだ今よりはマシだったんですが、私が中学校に上がったあたりから父親があまり帰って来なくなって母親が働きに出るようになり、夜遅くになっても家で1人ぼっちだったことが多かったです。母親が姉妹を比べるような怒り方をする人だった影響もあり、常に姉を意識していました。ケンカはあまりなかった分、お互い無視するような関係です。別々に暮らしている今は、もうほとんど顔を合わせる機会がありませんね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時です。同じ高校の1つ上の先輩で、同じ中学出身で、その時から人気があった人です。中学の時は別に好きじゃなかったんですが、高校が一緒で、同じ中学出身者で集まる機会が何度かあって、そこで好きになりました。当時は携帯が出始めた頃で、緊張しながらメールをしていた記憶が残っています。私の態度はバレバレで、あっちから付き合おうと言ってくれました。

彼とは彼が卒業するまで1年半付き合いました。私がクラスの女子から仲間はずれにされていた時期があったんですが、その時期に何の相談にものってくれなかったり、その話題を避けたりされて、なんて頼りない人なんだって思っていたので、彼の卒業を機に私から別れたいと言いました。学校も家も近所だったので、彼が卒業を機に都内で一人暮らしを始める、そのタイミングのほうが縁が切りやすかったんです」

その後、結子さんは都内の専門学校へ進学。アルバイト先で、ある男性と出会います。

「親には無理を言って一人暮らしを始めさせてもらったので、仕送りが少ない分アルバイトをしないと生活できませんでした。私はデザイン科に入って、パソコンソフトを使ったエディトリアルデザイナーを目指していたので、同じようなソフトを扱って仕事ができる印刷会社のアルバイトを始めました。そこには営業、窓口担当、デザイナーといった人たちが働いていて、私はデザイナーをしていた2歳上の男性のアシスタントにつくことになったんです」

2人で朝まで過ごしてもなにもない。そんな友人関係は2年ほど続き……

1 2
婚活 不倫 貧困女子 運勢 恋愛運 セカンド アラサー 美人探偵 時短 派遣 恋愛講座 iPhone 占い 金運 派遣女子 アプリ アラフォー 結婚 恋愛 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!