【勤続10年女子】貢ぎ疲れて 「もう結婚はあきらめた」求めるのは事実婚!?マンション購入のおひとりさま~その1~

【勤続10年女子】貢ぎ疲れて 「もう結婚はあきらめた」求めるのは事実婚!?マンション購入のおひとりさま~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、水処理装置や、エネルギー事業を行なう企業で働いている志津子さん(仮名・35歳)。

志津子さんは、肩までの黒髪のワンレンボブが知的な雰囲気。ナチュラルメイクを基調とした薄づきのファンデーションに、パウダーで描かれた太めの眉、ピンク色の口紅で好感度が高そう。白のシフォンブラウスの上から紺地のスナップカーディガンを合わせ、ドット柄のフレアスカートをあわせたコーディネート。今風に見えるメイクだが、アイシャドウやアイブロウペンシルなどのメイク用品は、100円ショップで済ませているそうだ。

「新卒で入社して、今は法務部で事務をしています。インフラ業界なので景気には左右されないのですが、これ以上手取りが大幅に上がることがなさそうなので、出費を締めるところは締めていこうと思っています。34歳の時に理想の物件に出会ってしまって、今はそのローン返済を優先しているんです」

志津子さんは千葉県千葉市で生まれ育ったが、親の仕事の都合で、幼少期は中国で過ごす。しかし小学校に入学するタイミングで、千葉県に戻ったそう。建築会社に勤務していた父の影響で、環境問題などに興味を持つようになり、それがのちにインフラ業界に就職するきっかけになった。子供の頃は親から買ってもらった図鑑を読むのが好きで、将来は学者や科学者になりたいと考えていた。一人っ子の志津子さんの教育に関しては両親も熱心で、小学校高学年から塾に通い、中高一貫の進学校の女子校に合格した。

女子校では周りから頼られる存在で、成績も上位。生徒会の会長も務めた。下級生から、バレンタインにはチョコを貰うこともあったとか。運動は苦手だったが、体を動かすことは好きだったのでチアリーディング部に所属し、大会にも出場。学校名の入った部活バッグを持って通学するのが誇りだったそうだ。学生時代は充実していたが、周りに男性がいない環境で過ごしたため、今でもうまく男性に甘えてみたり、頼ることができない。

科学者や建築分野への興味は消えていなかったが、試験では文系科目が得意だったため、浪人をしてまで理系に進むよりは、偏差値の高い大学の文学部に進学することを決意した。

大学時代は、旅行が趣味でペルーのマチュピチュや、インドにも友人と出かけるようなアクティブ女子だった志津子さん。旅をする中で、日本の水道や、電気というようなインフラ業界への就職を考えるようになった。海外で事業を手掛けている企業に就職をするために、単位交換制度を利用して、カナダへの短期留学も経験した。留学期間以外にも、夏休みなどは安い航空券を使って積極的に、海外へ旅行に出かけたそう。

 共学の大学で出会ったちょい悪男性が運命を狂わせた……

1 2
運勢 浮気事件簿 時短 美人探偵 占い アプリ iPhone 占星学 浮気 結婚 貧困女子 金運 セカンド 恋愛運 アラフォー アラサー 恋愛 恋愛講座 不倫 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。