【女性のSNS活用事情】利用時間No.1はTwitterを抑えてアノSNSがトップに!

【女性のSNS活用事情】利用時間No.1はTwitterを抑えてアノSNSがトップに!

SNSで得る情報の分野はどのような分野ですか?

流行に敏感な20~30代の女性にとってトレンド情報をいち早くキャッチできるSNSはなくてはならない重要なツールと言えそう。

流行に敏感な20~30代の女性にとってトレンド情報をいち早くキャッチできるSNSはなくてはならない重要なツールと言えそう。

1位:ファッション(24.04%)
2位:食べ物(17.78%)
3位:美容(16.89%)

トップ3は、ファッション・グルメ・美容となりました! 女性の3大好きなものといった感じですね。
実際に、SNSで話題のグルメやスイーツがテレビでも取り上げられてお店に長蛇の列ができたり、SNSで話題になった美容アイテムは品薄になったり売り切れたりしてしまうことも多く、SNSが女性の流行に大きく影響していることがうかがえます。

最後に、SNSから得た情報が実際に生活に反映されているのか聞いてみました。

SNSで得た情報から実際に利用したサービスや購入した商品はありますか?

2人に1人がSNSの情報を通じて得た情報から商品購入やサービス利用の経験あり!

2人に1人がSNSの情報を通じて得た情報から商品購入やサービス利用の経験あり!

「SNSで得た情報から実際に利用したサービスや購入した商品はありますか?」という質問をしたところ、「ある」(50.63%)、「ない」(49.37%)という結果に。
20~30代女性の2人に1人がSNSで得た情報からサービスを利用、もしくは商品を購入したということ。SNS内でのハッシュタグ検索や、企業広告などからの情報が、多くの女性のサービス利用や商品購入のきっかけとなっているようです。

好きな有名人が使用しているアイテムのチェックはもちろんのこと、流行中のプチプラコスメやプチプラファッションなどを使用している身近な一般人のレビューなども参考になりますよね。投稿を見る→商品を検索→口コミをチェック→購入……この流れでネットショッピングをすること、多いですよね。

日常生活や通販サイトなどでは、なかなか見ることができない“自分に近い人”の写真や口コミを手軽に数多くチェックできるのがSNSの魅力。自分だけのニーズに合った情報が簡単に得られるので、なかなか手放せないツールです。しかし、毎日何時間も見てしまうSNS中毒にならないよう、適度な距離感を保って上手に使いこなしたいものです。

 

【参考】※ 恋肌(こいはだ)
【調査概要】
『女性のSNS活用事情に関する調査』
調査日:2018年7月20日(金)~2018年7月21日(土)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,129人
調査対象:全国20~30代の女性
モニター提供先:ゼネラルリサーチ

1 2
アラサー セカンド アラフォー 仕事運 貧困女子 運勢 アプリ 恋愛講座 結婚 恋愛運 浮気事件簿 その1 美人探偵 浮気 金運 占い 婚活 キャリア 不倫 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。