堅実女子ニュース&まとめ 共働きママが一番欲しいのは「自由な時間」!得るためのカギはやはり、夫婦の家事分担!

「女性活躍推進法」の成立から、2018年8月で3年が経過。今や共働き世帯は全世帯の約65%を占めており、家事や育児に積極的にかかわる男性も増えていると言われます。しかし保育園の「待機児童問題」や、子どもが病気になった時でも安心して働ける「病児保育」の問題など、共働きを推進するための課題は山積みであることも事実。そういった現状の中、仕事を持つ子育て中の既婚女性たちはどのような問題を抱えているのでしょうか?

兼業ママの7割以上はストレスと健康に悩んでいる現実

「プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社」では、共働き家庭がかかえる課題についての意識調査を実施。こちらによると、仕事を持つ子育て中の既婚女性が一番悩んでいるのは「ストレス・健康」でその割合は72.6%という高い割合となっています。

家事の中でも圧倒的に負担や悩みが少ないのは「洗濯」。全自動洗濯機は偉大です。

その次に悩みが多いのは「料理」と「掃除・片付け」の家事関連、さらに「子どもの急病」「朝・晩の子供のお世話」と子ども関連が続いています。興味深いのは「職場の理解」と「仕事の量」という仕事関連で悩んでいる割合は、それほど多くないこと。また「保育園」も少ないことから、職場と保育園のバックアップ体制は比較的満足できている人が多いと言えるかもしれません。その半面家事と子供をケアする体制は、まだ不十分と言えそうです。

1 2 3