堅実女子ニュース&まとめ 【私の場合】強引な恋愛関係と「金を貸せ」。自称・チョイ悪上司とハワイ成績優秀者旅行で見た地獄……~その2~

実里さんが会社を辞めようと思ったのは、成績優秀者を対象としたハワイ旅行で、上司から借金を申し込まれたから。

「”私は結果を残さなければ存在価値がない”と思って、仕事も頑張りました。半年以上、上位成績を維持したので、成績優秀者を対象としたハワイ旅行に連れて行ってもらえることになったんです。いろんな物件を見たり、仕事に役立つ勉強会があったりして、楽しかったです。夜は上司と一緒に恋人みたいな時間を過ごしていました。その頃になると、私も彼のことが好きになってしまって……今思うとバカみたいな話ですが、パワハラやモラハラをする男って支配力が強いんですよ。私は関係が始まる前は圏外でしたが、スキューバーやゴルフもできる彼は、それなりに魅力もあって、女性にもモテる。そういう男性と恋人関係になっているのは、いい気分でした」

ハワイの初日の夜に、「2000ドル(約23万円)貸して」と世間話のように言われた、といいます。

「200ドルの間違いかと思って聞き直したら“バーカ、何度も言わせんなよ。2000ドルだよ”と怒鳴られて、それが怖くて、手持ちのお金と海外キャッシングで引き出したお金を貸してしまいました。その夜、深夜にどこかに出かけて行ったので、ギャンブルなどをしていたのかもしれません。この上司は、背中にタトゥーが入っていて、元ヤンキーだったみたいなんですよ。だから勝負に強い。結局、翌朝に2100ドルにして返してくれました」

一度お金を貸したら、何度も要求されるようになったといいます。

「男女の関係を求められるのは仕方ありませんが、お金を要求されると気持ちが冷めてしまい……会社に相談することも考えたのですが、絶対に上司の味方をするに決まっています。仲がいい友達に相談したら“あんたバカじゃないの?”とあきれられてしまって。実家の親とも絶縁状態なので頼れず、私をかわいがってくれたお客さんにも相談できない。そこで、うつ病を理由に会社を辞めて、上司と一切の連絡を絶つことにしました。これ以上一緒にいると離れられなくなってしまいますし、会うと言いくるめられてしまうので。行政の相談窓口に行くことも考えたのですが、うじうじ悩んでいる間に事態が悪化した経験が過去にもあり、これはヤバいと思ったのでスパッと辞めることにしたんです。仕事そのものは好きだったんですけどね」

会社も退職者に慣れているので、慰留をされなかったといいます。実里さんが上司に貸し、返されなかったお金の額を聞いたら、20万円程度。

「あの会社であんなに稼いだのに、全然手元に残っていないどころか、借金が残っています。今は契約社員として働いていますが、女性ってやっぱり社会的に立場が弱いな……と。今も正社員の仕事を押し付けられて残業ばかりしています。でもまあ仕事をすれば稼げるようになるので、頑張ろうと思っています」

上司は「そんなの当たり前だろ」という顔をして、公私ともに無理難題を押し付けてきたといいます。退社後は一切の連絡がないことについて、「同じ会社にいるから利用価値があったんでしょうね」と実里さんは語る。

1 2