ファイナンシャルプランナーに聞く!Vol.1「堅実女子(独身)の一人暮らし」賃貸とマンション購入どっちがいいの?

ファイナンシャルプランナーに聞く!Vol.1「堅実女子(独身)の一人暮らし」賃貸とマンション購入どっちがいいの?

長年一人暮らしをしていると、「賃貸に住み続けるよりも、マンションを購入したほうがお得なのでは……」と考えることがありますよね。「これから一生独身だった場合も考ると、住み続けられる場所を確保しておいたほうが安心かも」という気持ちにもなります。一方で、マンションの購入は大きな買い物。考えれば考えるほど迷ってしまいます。絶対に損はしたくない……堅実女子(独身)の一人暮らしは、賃貸を続けるのとマンション購入、どっちがいいのでしょうか。ご自身でも26歳のときに一人暮らしのためのマンションを購入、現在は夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ているファイナンシャル・プランナーの風呂内亜矢さんに教えていただきます。

☆☆☆

独身女性のマンション購入は買い方を間違えなければ味方になるもの

私が最初に購入したマンションは26歳のときです。当時、岡山の実家暮らしから地元で初めての一人暮らしをしようと、建設中の賃貸アパートを契約していたんです。でも、そのマンションが3週間後に入居できるはずだったときになって建設中止になってしまって。一方的にキャンセルされてしまったんです。でも、一人暮らしをしたい気持ちは盛り上がっていますから、別の場所を探そうと思ったんですよね。そうしたら、家のポストに分譲マンション販売のちらしがはいってきて。みなさんも目にしたことがあるかもしれませんが、「あなたの家賃と比べてみませんか」というキャッチコピーのもと、頭金なし、月々のローン返済は賃貸の家賃と同額程度、という物件です。

私が借りようと思っていた賃貸アパートの家賃が6万円弱。その分譲マンションは、チラシによると月々のローン返済は同じくらいの負担額でしたし、しかも55平米と広くて、構造も軽量鉄骨のアパートよりもしっかりとした鉄筋鉄骨のマンションです。気持ちも逸っていましたし、こっちのほうが断然いい!と購入することにしました。まさに衝動買いです。周囲からは、「貯金もないのにそんな大きな買い物をしちゃって大丈夫?」「独身でマンションなんて買っちゃったら、もう結婚できなくなっちゃうね」なんて言われましたが、結果的に、買ってよかったと思っています。

確かに、その当時、貯蓄は80万円しかありませんでした。大学を卒業して勤めて3年。実家暮らしにかまけて自由に散財していたので、それしか貯められなかったんです。でも、健康で働いていれば、賃貸と同じ額くらい払えると思っていました。また、私は地元の岡山でずっと暮らす気持ちではいましたが、結婚しないつもりでマンション購入を決めたわけではありません。むしろ、「将来結婚した場合、相手が転勤が多かったりして自分のペースで働けなくなってしまっても、購入したマンションを賃貸にすれば、家賃収入として不労所得が得られるというメリットがあるんじゃないか」と考えました。

マンションを購入したからって、一生そこに住むとは限らない!

1 2
結婚 占い 美人探偵 アラフォー 金運 アラサー 婚活 時短 恋愛講座 浮気事件簿 不倫 iPhone セカンド 恋愛運 アプリ 運勢 恋愛 貧困女子 派遣 派遣女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!