堅実女子ニュース&まとめ 【勤続10年女子】将来の夢は女性役員!“計画的子なし”を受け入れてくれる人を探して婚活か、卵子凍結か!?~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、ウェブ媒体を中心とした広告サービス業などを手掛けている企業でディレクターとして働いている千明さん(仮名・35歳)。

千明さんは落ち着いたダークブラウンのセミロングに、薄いミントブルーのカットソーの上から淡いホワイトのノーカラーのジャケットを羽織り、首元には上品そうなパールのネックレス。少し日に焼けた肌にゴールドの指輪と高級腕時計を身に着け、血色のよさそうなピンク色の口紅が仕事ができそうな女性らしい雰囲気を醸し出していた。

「今は国内の旅行事業を手掛けているので、観光地への出張が多いんです。長時間の移動中は海外ドラマを観ています。いつかは日本だけではなく、海外の人にもアピールできる事業に関わりたいと思っているので、字幕を見なくてもすらすらと理解できるようになるのが目標なんです」

そう語る、千明さん。今年で35歳になり、縛られるような結婚はしたくないけれど、年齢的なタイムリミットを考えると子供が欲しい気がしてきたとか。仕事を続けるために、“計画的子無し”を受け入れてくれる相手を探すか、卵子凍結するか迷っているという。

千明さんは神奈川県横浜市で生まれ育った。父は、土木系の国立の研究所に勤めている研究者。母は専業主婦で、彼女が生まれてからはずっと働かずに家で過ごしていた。教育熱心な母親だったため、幼児期から知育玩具を使った教室に通わされていたそう。幼稚園に通うようになると、千明さんは周りの子よりも早く文字の読み書きができるようになり、ほかの子供の母親から驚かれたというのが母の自慢だ。

小学校高学年になると、学校の勉強はほぼ満点をとれるようになっていた。成績を自慢するつもりではなかったが、96点のテストを“こんな点取ってしまった”というのがクラスメイトに聞かれて、陰口をたたかれた。そんな周囲との壁もあったが、中学受験のための塾ではトップクラスの成績で、国語の模試は県で3位の成績をマーク。受験日が近づくと、風邪をひいてはいけないからという理由で入浴が1日おきになるなど、力を入れた。その甲斐あって、中学受験では都内でも有数の進学校を無事に合格。

「母親は、短大卒だったんです。大学院まで出ている父との学歴差をずっと感じていたみたいです。家に閉じこもって、父の奴隷みたいに家事だけしている母を見ていて、私はああいう風にはなりたくないって思っていました」

子供の頃から、勉強をすればゲームをクリアするように成績が上がっていくのが楽しく感じていた。家族旅行にも問題集を持って行ったほど成績を攻略するのが楽しかったし、厳格な父親から褒められるのが嬉しくて勉強を頑張っていたという。中学までは父が理系科目の勉強を見てくれる時もあったが、できないと“こんなこともできないのか”と言われるので、だんだん自分には理系は向いていないと感じるようになった。

「高校ではあえて科学部に所属したんです。放課後に実験したり、パソコンのプログラミング演習とかやったり。それでも高2からは大学受験のために活動も控えめになりましたね。私は国立ではなく私大文系に絞ったんです。幅広い分野を学べそうでこれからの社会で重宝されそうな、情報学部に進学しました。大学時代は、卒業研究の準備のために研究室で寝泊まりしたり、充実してましたよ」

せっかく就職が決まったのに、大学院に残る彼氏とは就職格差で破局…

1 2