【沼にはまる女たち】 2.5次元ミュージカル俳優にガチ恋! 貢物を身に着けてもらえる喜び! ~その2~

【沼にはまる女たち】 2.5次元ミュージカル俳優にガチ恋! 貢物を身に着けてもらえる喜び! ~その2~

「私は普通」そう思っている女性も気がつけば、その世界の『沼』にハマることに……。今回話を伺った友恵さん(33歳)は、3年ほど前から2.5次元ミュージカルの俳優にハマっています。彼女が実家を追い出されそうなほどハマってしまった「2.5次元」沼とは?

>>その1はコチラ

雨の中の観覧も、喜びに代わる日々…

「推し変(応援する対象を変えること)するまでは、ガチ恋だったのでお金も時間も使っていました。最初にハマった俳優さんは、中学の頃に片思いだった相手に似ていたので、つい振り向いてもらえるような気分だったのかもしれません……。気づけばずっと彼のSNSをチェックしたり、深夜ラジオの出演するときは必ずリアルタイムで聴いたり。野外の現場で観覧フリーの時は、会社を早退して1時間半以上かかる他県まで観に行きました。雨の中レインコートで観ていたら、終わった後に、お客さんに向かって“今日はありがとうございました”と言ってくれたので、その笑顔ですべて吹っ飛びましたね」

“認知”と呼ばれる、名前や顔を覚えてもらうために差し入れやプレゼントを贈り始めます。

「ちょうど彼の誕生日が近かったので、劇場公演がある時にプレゼントボックスに彼が欲しがっていたブランドのキャップをプレゼントしたんです。するとSNSで被っている画像がアップされていたんです。気持ちが通じたみたいで凄く嬉しかったです。それ以来、記念日やイベントがあると、そこブランドの服や小物をプレゼントするようになりました」

応援していた彼のSNSを見るのが日課となります。必ずSNSにはコメントも残すようにして、彼とのつながりを感じていました。

「数年前まではまだ今ほど人気がなかったので、ハイタッチイベントや、DVDの手渡しなど接触できる機会があったんです。その時は必ず“プレゼントを使ってくれて嬉しいです”と気持ちを伝えていました。ほかのファンと一緒だと嫌だったので、私は限定品やセミオーダーできる商品などを選んでプレゼントしていました。それだと、SNSで身に着けているのを見た時に、“自分があげたものだ!”って見分けがつくんです」

休みの日は観劇で知り合った仲間たちと地方遠征し、より絆を深めます。サイン会やミーグリ(ミート&グリーティング)と呼ばれる俳優と直に話せる機会は、仲間たちと連携して順番待ちや出待ちを行なうようになります。

「正直、オタ活が充実してくると、リアルの友人と疎遠になっていくんです。それまで女子会してお互いの恋愛など近況報告をしていたのですが、彼氏がいない今の方が、自由で楽しいんです。観劇仲間が増えてからは、あの舞台が良かったとか、次はこの舞台があるねと、いちいち出てくる単語の説明をしなくても会話が成り立つので、女子会よりもそっちの方がよっぽど女性ホルモンが促されそうな気がしているんです」

好きな俳優を全力で応援していたのに、裏切られた気分…

1 2
時短 結婚 iPhone 恋愛 アラサー 恋愛運 婚活 アプリ 恋愛講座 運勢 占い アラフォー 不倫 派遣 セカンド 貧困女子 浮気事件簿 派遣女子 金運 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!