「叱るのが苦手」「世代間ギャップを感じる」……年下社員との接し方で悩んだことがある女性は約6割

「叱るのが苦手」「世代間ギャップを感じる」……年下社員との接し方で悩んだことがある女性は約6割

30代40代になってくると、キャリアを積み人脈も広がって、職場での立場も変わってきますよね。仕事も楽しくなってきますが、後輩の指導などに頭を悩ませることも。

多くの女性が「年下社員との接し方」に 悩んだ経験あり!

多くの女性が「年下社員との接し方」に 悩んだ経験あり!

新入社員の頃は自分のことで精いっぱいで当然ですが、先輩という立場になると、そうはいかないもの。エン・ジャパン株式会社は、30歳以上の女性1,215名を対象に「年下社員との接し方」についてアンケート調査を実施。年下社員との接し方で悩んだことなどを聞いています。

職場の年下社員との接し方で悩んだことはありますか?

約6割の女性が悩んでいる!

約6割の女性が悩んでいる!

ある(57%)
ない(43%)

約6割の女性が、年下社員との接し方で悩んだことがあると回答。責任感を持って、きちんと指導しようよと思うのですが、ウザいと思われたら……なんて考えたり。少しの歳の差だとしても、難しいんですよね。
そこで、年下社員と接するとき、どんなことに悩むのか具体的に聞いてみました。

年下社員と接する上での悩みは?(複数回答可)

接し方の悩みトップ3は「叱るのが苦手」「ジェネレーションギャップ」「会話の話題」

接し方の悩みトップ3は「叱るのが苦手」「ジェネレーションギャップ」「会話の話題」!

【全体】
1位:叱るのが苦手(47%)
2位:ジェネレーションギャップを感じる(39%)
3位:何を話していいかわからない(36%)

【30代】
1位:叱るのが苦手(49%)
2位:ジェネレーションギャップを感じる(37%)
3位:何を話していいかわからない(35%)

【40代以上】
1位:ジェネレーションギャップを感じる(43%)
2位:叱るのが苦手(42%)
3位:何を話していいかわからない(34%)

トップ3は「叱るのが苦手」、「ジェネレーションギャップを感じる」、「何を話していいかわからない」でした。ミスを指摘するときなど、ここまで言っていいものか……と躊躇してしまった経験はありませんか? 最近の若者は打たれ弱い、なんてことも耳にするので、かなり気をつかいますよね。マナーや会話にジェネレーションギャップを感じる人、共通の話題がないと悩む人も多いようです。

年代別にみると、30代は「叱るのが苦手」(30代:49%、40代:42%)、40代以上は「ジェネレーションギャップを感じる」(同:37%、43%)がそれぞれ最も多い回答でした。

続いて、年下社員とうまく付き合うコツを聞いてみました。

1 2
金運 恋愛 結婚 浮気 貧困女子 運勢 アプリ 恋愛講座 セカンド 浮気事件簿 時短 占い 美人探偵 キャリア アラフォー その1 恋愛運 不倫 アラサー 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。