【恋愛講座】関わると危険!婚活市場に潜む「遊び目的で女性を探している男性」を見抜く方法

【恋愛講座】関わると危険!婚活市場に潜む「遊び目的で女性を探している男性」を見抜く方法

婚活市場には、彼女持ちや既婚者が潜伏しているケースも少なくありません。一体なぜ、彼らはあえて婚活に出向くのでしょうか?

今回の記事では、過去に合コン1000回以上・婚活歴15年を持つ筆者の経験を元に、彼女持ちや既婚者男性の特徴と、どうすれば彼等のような危険な男性と出会わずに済むのかを紹介したいと思います。

■婚活市場に彼女持ちや既婚者男性が潜伏している理由

パートナーがいる男性が婚活に出向く理由は、シンプルに他の女性を求めているからです。パートナーと別れる気はなく、遊び目的の女性を探す男性もいれば、パートナーと別れたいが故に他の女性を物色している男性もいます。

パートナー持ち男性の中には、結婚前に最後の遊びをする目的で婚活に足を運ぶ人もいます。筆者が街コンで出会った彼女持ち男性・じゅんいちさん(仮名)は、25歳。大手金融機関に努める、目鼻立ちの整ったイケメンでした。

彼女がいないようには見えない風貌だったので、じゅんいちさんに「どうして街コンに来たの?」と尋ねると、「男友達に彼女を作らせたいから、お供した」と言いました。しかし、じゅんいちさんの男友達に後々話を伺うと、実はじゅんいちさんには婚約者がいて、「独身最後にひと遊びをしたいから、街コンに一緒に行こうよ」と誘っていたのです。

パートナーがいる男性の中には、「人数合わせで仕方なく」「友達の恋を応援したいから」と言い訳して参加する人もいます。彼等は、「人のため」と話すことで、自分の罪を軽くできると思っているのです。しかし、出会いの場で「人のため」と押しつけがましく言う人ほど、自分のために行動しているのかもしれません。

■街コンや婚活パーティーに潜む危険な男性を見抜く方法

(1)仲良くなっても自分のSNSを教えたがらない

パートナー持ちの男性は、必要以上に情報を提供しません。なかには、SNS交換だけではなく、LINE交換も嫌がる男性がいます。

ちなみに筆者の元彼は、「LINEは情報がダダ漏れするから、僕は登録しない」と、このご時世にショートメールかGメールしかメールアドレスを教えてくれませんでした。電話も「僕は電話嫌いだから、全部ショートメールにして」と、NGでした。デートも、「僕は人ごみが嫌いだから」と近場のショッピングモールは避け、人が集まる場所に出向く時は他県。遊園地は、現地集合現地解散と徹底していました。

一緒に写真を撮りたいと言えば「Facebookにまさか投稿するんじゃないだろうね?Facebookは情報がダダ漏れで危険だから」と嫌がられるので、ツーショット撮影はNGでした。「僕はアナログ人間だから」と語っていた元彼の前職がプログラマーと判明した時、疑惑が沸々とこみ上げてきました。

ある日、旅行時に彼の電話に、彼と同じ苗字の女性から何度も電話がかかってきたのです。「誰?」と聞くと「妹だよ」と慌てて言い訳する元彼。その数日後、彼から一方的に別れを告げられました。薄々怪しいと思っていたのですが、やはりクロだったのかと確信しました。

他にも、過去に「僕はアナログだから」とガラケーを持っているような男性に街コンや婚活パーティーで出会ったことはあるのですが、あとで既婚者と判明したケースが多かったです。

LINE、Facebook、インスタグラム。確かに情報漏れの原因につながる可能性はありますが、必要以上に自分の個人情報流出を嫌がる人は、他に隠したい原因があるのかもしれません。

1 2
金運 セカンド 恋愛講座 アプリ 運勢 不倫 派遣 時短 結婚 アラフォー 婚活 派遣女子 アラサー iPhone 美人探偵 占い 浮気事件簿 恋愛 恋愛運 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!