安田顕の“顔芸”だけにあらず。純な愛も血だらけの暴力もエグすぎる人間ドラマもアリ!な映画『愛しのアイリーン』

安田顕の“顔芸”だけにあらず。純な愛も血だらけの暴力もエグすぎる人間ドラマもアリ!な映画『愛しのアイリーン』

『宮本から君へ』の連ドラ化も記憶に新しい新井英樹による原作漫画を、『ヒメアノ~ル』『犬猿』の𠮷田恵輔監督が実写映画化した『愛しのアイリーン』。恐るべき破壊力を秘めたこの映画をどう言い表せばよいのでしょう?正直、途方に暮れます。安田顕演じる主人公の岩男は、両親と一緒に山村で実家暮らしをしながらパチンコ店で働く独身男。そんな岩男がフィリピーナのアイリーンを嫁にもらうことから始まる物語とは?

©2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)

『愛しのアイリーン』
(配給:スターサンズ)●原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版/刊) ●監督・脚本:𠮷田恵輔 ●出演:安田顕 ナッツ・シトイ 河井青葉 ディオンヌ・モンサント 福士誠治 品川徹 田中要次 伊勢谷友介 木野花 ほか ●9月14日よりTOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー

(あらすじ)
生まれ育った山村に年老いた母のツル(木野花)と認知症の父、源造(品川徹)と暮らしながらパチンコ店で働く独身男の宍戸岩男(安田顕)。同僚でシングルマザーの愛子(河井青葉)に想いを寄せるが手も足も出せず、悶々としていた。ある日、愛子が他の同僚と関係を持っていたことを知り、それをツルになじられた岩男は姿を消してしまう。じつはコツコツとためた貯金をはたき、フィリピンで行なわれた嫁探しのお見合いツアーに参加していた。2週間後、実家に帰ってきた岩男の隣には、「岩男サンノ、オヨネサンニナリマシタ……」とニッコリ笑うアイリーン(ナッツ・シトイ)がいた……。

とにかく「ヤバい!」がつまった映画

映画『愛しのアイリーン』を見終えたときの衝撃をなんと言えばいいでしょう?どどどど―――ん!スクリーンから味わったことのない風圧のようなものを感じ、無数の重いボディーブロウを食らったあとのように動けなくなりました。

まず安田顕がヤバい。

そしてナッツ・シトイがヤバい。

そしてなにより、監督の𠮷田恵輔がヤバい‼

……少し落ち着いて、映画の説明をしていきます。物語の舞台は少子高齢化の進む、つまり若い者の姿はとんと見かけない奥深い山村です。主人公の宍戸岩男はそんな村にある実家で、品川徹演じる認知症の父親と木野花演じるツル、無限の愛情を息子へと注ぐ、そういう意味ではごくありふれた母親と暮らす独身男です。しかも職場はパチンコ店……と、この時点で観客はかなりゼツボー的な気持ちになります。この人が幸せになれるのかしら?と、頼まれてもいないのにいらぬ心配をしてしまって。

そんな岩男を、“ミスター顔芸”こと安田顕が演じています。とにかくこの映画の彼は全力です。ふつうなら他人の目にさらしたくない人としての弱さや醜さやダメなところ、それをこれでもか!と常に全力で過剰なまでに、もちろん演技としてですが、さらけ出していきます。無精ひげでヤバイ目つきをさらに血走らせ、「オ〇ンコ~!」と大声で叫ぶ姿は、スゴすぎてもはや爽快ですらあります。

彼が演じる岩男は女経験が極小なだけあって、女を見る目がありません。まずパチンコ店で働くシングルマザーの愛子に心惹かれるのですが、この女がワケありにして超くせ者なのです。演じる河井青葉のちょっと清潔感ある色気には確かにだまされそうになりますが、この女がまた、やることなすこと相当にヤバイ玉です。まさに“女の敵は女”的な女!一見まったくそう見えない風情を含め、男を手玉に取りたい女子は、逆に「ああこうすればいいのか!」と参考になるかもしれません。

そんな愛子への片想いを玉砕させた岩男は一路、フィリピンへ。追いつめられた人間らしい突飛な行動力を発揮して、お見合いツアーに参加。成り行きと勢いと諦めと現金の力で、アイリーンという嫁を手にします。このアイリーンを演じるナッツ・シトイはもう、アイリーンそのものにしか見えません。ハマリ役とはまさにこのこと!一見すると美人ではないけれどどこか人懐こくて心惹かれるところがあり、物語が進むにつれて彼女のことが好きになっていって、どんどんかわいく見えてくるのです。しかも劇中でアイリーンがふと歌を口ずさむのですが、この歌声が超ミラクル。歌っている内容やメロディーとは無関係のところで聴く者の心の奥に潜む、いちばん柔らかいところを刺激するような、無条件に切なさをかき立てるような歌声。しびれます。

岩男は大人っぽい美人の愛子みたいな女がタイプなのだから、最初はきっと子どもっぽい丸顔のアイリーンという女子に乗り気ではなかったはずです。そんな彼女を嫁として日本のド田舎の山村へ連れ帰るのですから、そこでまたかなりの騒動が巻き起こります。母親として息子へのゆるぎない愛を持つツルにとってはなおさらです。けれど岩男とアイリーンはしだいに心惹かれていきます。不器用な2人があちこちに頭をぶつけたり壁にぶち当たったりしながら距離を縮めるさまは極上に純なラブストーリーを見るようで、きゅぅぅぅ~んとしてきます。

岩男役の安田顕。この横顔!濃すぎる!

でもこれは𠮷田恵輔監督の映画!かわゆいだけでは終わらないのです。

1 2
派遣 貧困女子 iPhone 恋愛運 アプリ 恋愛 時短 セカンド 浮気事件簿 金運 恋愛講座 美人探偵 不倫 アラフォー 結婚 婚活 占い 運勢 派遣女子 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!