堅実女子ニュース&まとめ 【沼にはまる女たち】熱量ハンパないっす……ジャニーズ沼での散財は明日への活力! 愛と浪費の世界で輝くアラサー女子~その2~

どこいでもいる女性が気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまったケースを紹介する同シリーズ。今回話を伺った紀子さん(31歳)は、アイドルグループ「関ジャニ∞」の大ファン。
浪費は愛!を体現するかのようにジャニヲタ生活を謳歌しています。

>>その1はこちら

目が合った! 手を振ってくれた! だからコンサートはやめられない……

顔見知り程度の同担(同じメンバーを好きな人)にはライバル心がでてしまうので、あの人よりも目立ちたい、ひと公演でも多く行きたいという気持ちがあるのだそう。

「私は、コンサート参戦とちょっとした出待ちで満足してるんですけど、ファンの中には、メンバーと同電、同便(移動の際に同じ電車や飛行機の乗り合わせること)するために、メンバーのその日のスケジュールを必死で調べたり、仲間から情報を集めたりも多いみたいです。本人と繋がりたい……なんて過激なファンもいるんですよ~。私は現実的で健康的なジャニヲタです(笑)」

メンバー本人と会える唯一の場所だから、という気持ちもわかりますが、なぜそこまでコンサートに熱が入るのでしょうか?

「何度も通っているうちに、広い会場だとしても、席が近ければ気づいてもらえるんですよ! ジャニーズのファンがみんな持っているうちわがありますよね? あれはファンサ(ファンサービスの略)目的のうちわなんです。伝えたいこととか、面白いことを書いてオリジナルで作って持参してるんですよ。で、それを見たメンバーが“ピースして”“投げキッスして”とかのメッセージに答えてくれるんです~!! 私、何回か答えてもらえて、思い出すだけで泣きそうになります……」

そういった細かいアイテムや、CDや雑誌なんかも、人気アイドルは露出も多い分、出費がかさみそうですね。実際はどうなのでしょう?

「CDに特典がついている場合や、ジャケットなどにバリエーションがある場合は、全パターン購入します。特に気に入っているデザインのものは保存用も買ったり。ツアーグッズも、とりあえず全部買いますね。自分の担当分は個数制限がついたら(うちわ5枚までなど)上限まで買います。当日コンサートで使う用、観賞用、保存用と必要なので、3枚は絶対で、さらに予備って感じです。ジャニーズのファンって、若い子も多いので、価格も良心的なんですよね~。私は担当以外のメンバーのソロ舞台なども観に行っているので、一年中何かしらのチケット代を振り込んでいる感覚はあります」

ツアーグッズに2万円、3万円というのは良心的なのか……と驚きを隠せませんが、紀子さんはとても楽しそうです。

1~2か月の間上演する舞台公演などは、時間とお金が許す限り何度でも足を運ぶ

1~2か月の間上演する舞台公演などは、時間とお金が許す限り何度でも足を運ぶ。

10年付き合った恋人よりも優先したい……彼に別れを告げた過去

1 2