テレビへの原点回帰が進行中!?「SNS疲れ」の人ほどテレビを見る頻度が増えている

テレビへの原点回帰が進行中!?「SNS疲れ」の人ほどテレビを見る頻度が増えている

ずいぶん前から言われている「若者のテレビ離れ」。確かに一昔前は視聴率が20%以上のドラマやバラエティー番組がたくさんありましたが、最近はその数も激減。日本全国が話題にするような国民的テレビ番組は、数年に1度のスポーツ中継くらいしかないような気がします。

ところが今回「スカパーJSAT株式会社」が行なったテレビに関するアンケート調査によると、全体の22.1%が「1年前と比べてテレビ番組を見る頻度や時間(録画・配信サービスでの視聴を含める)が増えた」と回答していることが分かったのです。

全体の8割以上は観たい番組がなくてもテレビをつけている

そもそも日常生活でテレビをつけるのはどんな時でしょうか?同調査では日ごろ「テレビをつけることがある」、または「ついていることがある」シーンについて質問。結果は以下の通りとなっています。

 

  • 日ごろ「テレビをつけることがある」または「ついていることがある」シーン

1位 地震など災害が起きたときにすぐテレビをつけること……94.1%

2位 食事中にテレビがついていること……93.1%

3位 見たい番組がなくてもテレビがついていること……82.0%

4位 帰宅後すぐにテレビをつけること……81.4%

5位 朝起きたらすぐにテレビをつけること……76.6%

一番多いのは「地震など災害がおきたとき」。確かにテレビだとスイッチをつければすぐに知りたい情報が分かるので、停電さえしていなければ心強い存在でしょう。特に今年は多くの災害に見舞われたので、そういったニーズも高かったと想像できます。続いて1位とほぼ変わらない割合で多かったのは「食事中」。現在食事をしながらスマホを見るのはマナー違反という風潮がありますが、テレビは別。ほとんどの人が食事中に見ているのです。

1 2
アプリ 恋愛講座 アラフォー 美人探偵 結婚 占い 貧困女子 不倫 派遣 アラサー 時短 恋愛 セカンド 派遣女子 恋愛運 金運 浮気事件簿 iPhone 婚活 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!