秋の京都の見どころは苔だけじゃない!注目のオススメ特別拝観&グルメ

秋の京都の見どころは苔だけじゃない!注目のオススメ特別拝観&グルメ

苔庭や苔アートの他にも、秋の京都は特別拝観など、この季節しか見ることのできない表情が溢れています。今回は特別拝観と合わせて、秋の味覚が味わえる京料理のオススメランチをご紹介します。

<京都旅関連記事>
・苔ガール必見の“苔アート”がズラリ!初秋の京都で苔巡りはコチラ

 

京都市内が一望できる山門の特別公開や、紅葉のライトアップも楽しめる!

京都市左京区にある浄土宗大本山・金戒光明寺。

京都の金戒光明寺は「くろ谷さん」の愛称で親しまれ、紅葉の名所としても名高い寺院で、会津藩の本陣や、新選組発祥の地としても知られています。また現在は、螺髪がかぶさるように大きく、アフロヘアにも見えてしまっている「五劫思惟阿弥陀仏(ごこうしゆいあみだぶつ)」が有名になり、お土産などでも五劫思惟阿弥陀仏がデザインされたものが人気になっています。

「五劫思惟阿弥陀仏」。大きな髪型は長い間修行をされた結果だそう。

全国でも16体ほどしかない珍しい仏さまなんですよ。

「五劫思惟阿弥陀仏」がデザインされた金平糖は1個350円(3個セット1,000円)。

今回特別に公開されるのは「紫雲の庭」と回遊式庭園。会津ゆかりの寺宝などが特別展示されます。紫雲の庭は白川砂とスギゴケが敷き詰められており、法然上人の生涯と浄土宗の広がりを枯山水で表現されたものだそうです。

金戒光明寺の庭園も苔を楽しむことができます。

法然上人がお祀りされている「御影堂」。

新選組が誕生したと言われるお部屋。

大方丈の久保田金僊筆の「虎の間襖絵」にはある仕掛けがあるのですが、ここで教えることはできません!ぜひ確認してみてください。

さらに、山門の楼上内部が特別公開されます。楼上からは京都市内の景色が一望でき、天気が良い日は大阪のあべのハルカスまで見渡すことができるそう。

平安神宮や京都タワー、知恩院などもここから見ることができます。

特別拝観に合わせて、夜間拝観も行なわれる予定で、ライトアップされた「紫雲の庭」やお琴の生演奏を聞きながらお楽しみいただけます。特別拝観は11月9日から。紅葉が見せる秋の京都をぜひ味わってください。

 

秋の特別公開
期間:2018年11月9日(金)~12月2日(日)
時間:9:00~16:30(受付終了16:00)
料金:御影堂・大方丈・庭園600円、山門800円、セット券1,200円
住所:京都市左京区黒谷町121
交通;市バス「岡崎道」下車徒歩約10分、「東天王町」下車徒歩約15分

夜間拝観
期間:2018年11月9日(金)~12月2日(日)
時間:18:00~21:00(受付終了20:30)
料金:800円 ※山門の拝観はできません

1 2
運勢 アプリ 占い 恋愛講座 アラサー 婚活 セカンド 結婚 恋愛運 時短 恋愛 浮気 アラフォー キャリア 不倫 浮気事件簿 その1 美人探偵 金運 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。