堅実女子ニュース&まとめ 芸術の秋がやってきた! デートに向いている場所5位にランクインした「美術館」でしてみたいことって?

暑すぎず寒すぎず、秋は絶好のお出かけシーズンですね。ビッグローブ株式会社が全国の20~60代の男女500人を対象に行なったアンケートでは、「デートに向いていると思う場所」として、以下のスポットが選ばれました。

デートに向いていると思う場所(複数回答)
1位:映画館(68.2%)
2位:動物園・水族館(67.0%)
3位:テーマパーク(57.0%)
4位:公園(54.4%)
5位:美術館(52.4%)

今回は“芸術の秋”にちなんで、「美術館」についての調査結果をお届けします。

デートにも良し、センスを磨くのにも良し!

デートにも良し、センスを磨くのにも良し!

恋人・配偶者と一緒に美術館に行く理由は?

美術鑑賞が夫婦の共通の趣味になると、お出かけの楽しみも増えますね。

美術鑑賞が夫婦の共通の趣味になると、お出かけの楽しみも増えますね。

なぜデートに向いているのか、「恋人・配偶者と一緒に美術館に行く理由」を聞くと、「アクセスや所要時間などが2人で時間を過ごすのにちょうど良いから」(52.2%)が1位に。2位は「美術鑑賞が共通の趣味だから」(42.6%)と続きます。

年代別に見ると、60代は53.1%が「美術鑑賞が共通の趣味だから」と回答し、全体と比べて10ポイント以上高い結果となりました。

近頃では、作品によってはカメラなどでの撮影が許可されている場合も増えてきました。このことについて、みなさんどのように捉えているのでしょう。

美術館内での許可された写真撮影について

賛成派のほうが多いようです。

賛成派のほうが多いようです。

「美術館内での許可された写真撮影をどう思いますか」と質問したところ、「賛成」が36.4%、「どちらかといえば賛成」が41.2%で、7割以上が賛成との回答に。
男女別に見ると、女性は「賛成」が31.2%、「どちらかといえば賛成」が43.6%に対し、男性は「賛成」が41.6%、「どちらかといえば賛成」が38.8%と、女性よりも男性の方が美術館内での写真撮影に肯定的な結果となりました。
思い出として、自分のカメラに収めることができるのは嬉しいと考える人が多いようです。

では、マナーについてはどうでしょうか。

美術館でのマナーについてイライラすること

じっくり鑑賞したいとき、これはイライラしてしまうかも……。

じっくり鑑賞したいとき、これはイライラしてしまうかも……。

【全体】
1位:スマホによる通話
2位:有名美術品の前からなかなか動かない
3位:子供たちが騒いでいる声

「美術館でのマナーについてイライラすること」について質問したところ、全体で最も多かったのは、「スマホによる通話」(49%)、次いで「有名美術品の前から動かない」(47.4%)、「子どもたちが騒いでいる声」(44.8%)という結果になりました。
男女別に見ると、男性トップは「スマホによる通話」。一方、女性トップは「有名美術品の前からなかなか動かない」となり、男性の割合を大きく上回りました。お目当ての作品には閲覧者がいっぱい……美術館あるあるですが、イライラしてしまう気持ちも分かります。

続いては、美術館の“あったらいいな”について聞きました。

1 2