女子ゆるキャンへの道Vol.2ホットサンドメーカーとバーナーでお手軽調理♪

女子ゆるキャンへの道Vol.2ホットサンドメーカーとバーナーでお手軽調理♪

キャンプブームの今、ゆるーくキャンプを始めたいという堅実女子のために、女子キャンプの第一人者・こいしゆうかさんがレクチャーするシリーズ2回目(>>1回目はこちら)。

テーマは“リュック1つで、電車で行けるアウトドア”。今回は、「アウトドアでごはんを食べてみたい!」をテーマに、“ゆるめなキャンプ”の目線から、紹介していきます。

外ゴハンをして、おしゃべりは、すっごい気持ちいい!

公園などでゴハンを食べたり、お酒を飲んだりしていると、屋内よりも“気持ちいい”ですよね。

「10年ほど前、キャンプに興味を持ち始めたときに、最初に買ったのはテントでした。そのとき、近くの土手に行ってテントを張り、友達と一緒に青空の下で食事をしたんです。メニューは手作りパンと保温ポットに入れてきたもつ煮だったのですが、家で食べるより数倍おいしいですし、身も心も浄化されていく感じを味わいました」(こいしゆうかさん・以下「」内同)

食べた後は、草の上に寝転がって、広い空を見ながらおしゃべりしたそう。

「何もしていないのに、なんだかとても気持ちがよかったんです。毎日、仕事に追われたり、何かしなくちゃと焦っている人は、特にリフレッシュすると思います。“空の下でのんびりゴハンを食べて遊ぶ”というだけで、心が晴れるんです。大地とお日さまのパワーは最強です(笑)」

持ってきたものや、買ってきたものを食べているうちに、外でゴハンを作りたくなるもの。でも、外で料理というと、卓上カセットコンロしか思いつきません。でもあれって、屋内での使用を想定して作られたものですよね……。

「キャンプで調理するときは、バーナーが必要です。これは風に強く安全性も高く、コンパクトで持ち運びも簡単。まず、これを購入し、お湯を沸かすところから始めてみてはいかがでしょうか」

アウトドアで使う小型のお鍋のようなクッカー、さらに小さなシェラカップなどもありますが、最初からすべてを買うのではなく、自宅の鍋やヤカンをお試し的に使うところからスタートするのがいいとこいしさん。

「アウトドアゴハンでおすすめなのはホットサンド。パンと具材があれば手軽にできますよ」

右上がバーナーで、3,000円~1万円程度。下のLPガス缶は700~1,000円程度。これは別々に売っています。ガスの缶は大きく2種類あり、アウトドアで使うものは、写真の「OD缶」と呼ばれるものが多い。火力が強く、安定性が高いのでアウトドアに向いています。ちなみに、卓上コンロで使う細長いものが「CB缶」といいます。CB缶に対応したアウトドア用のバーナーもあります。

 

こいしさんのアドバイスに従って、実際にホットサンドを作ってみました。8枚切りの食パン、ハム、スライスチーズを持って行き、火気の使用が許可されている公園で調理してみました。

バーナーはカセットコンロに比べて、圧倒的に火力が強い。失敗しないコツは、火力を弱めにして、じっくり焼くようにすること。火から離し過ぎると、中まで火が通らないのでなかなか難しいですよ。

片面約1分30秒ずつ焼いたら、焦がさずにおいしいホットサンドが完成しました。

具はハムとチーズだけでも十分美味しい。バーナーの火加減に慣れたので、次回はモッツァレラチーズと桃など、フルーツサンドにも挑戦したい!

使ったのは、このホットサンドメーカー。ネット通販で1500円程度。自宅のみならずアウトドア使用を想定し、一番軽量なものを選びました。

お外ゴハンを楽しむコツは……?

1 2
結婚 キャリア 恋愛 婚活 時短 不倫 アラサー 運勢 アラフォー 美人探偵 貧困女子 浮気 恋愛運 占い 恋愛講座 金運 浮気事件簿 アプリ セカンド その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。