【貧困女子】寂しさからペットのワンコが心の支えに、その生活環境を守るためにリボ払いの自転車操業~その1 ~

【貧困女子】寂しさからペットのワンコが心の支えに、その生活環境を守るためにリボ払いの自転車操業~その1 ~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺った、高野詩織さん(仮名・38歳)は、派遣社員になって10年になります。新卒から6年間は、自動車部品メーカーに勤めていました。

「付属高校から進学し、日本で一番大きい大学の法学部を卒業しています。両親は私が15歳の時に、泥沼の離婚をしました。私は母に引き取られ、男出入りが激しい母と一緒に22歳まで住んでいました。毎晩のように母と見知らぬ男性が、恋人気分の時間を過ごしていることに耐えられず、独身寮がある会社を選んで入りました」

“私は母親に似ている、認めたくはないけれど”と言う詩織さんは、整った顔立ちをしています。二重まぶたの黒目がちな瞳とグラマラスなボディーは男性からのウケがよさそう。セルフカラーをしたのか色ムラだらけの茶髪、襟なしの白いボウタイブラウスに、黒板のような色のニットを合わせています。靴は使い込まれた黒のエスパドリーユ。

「最初の会社にあのままいたら、リボ払いの残債が60万円、消費者金融の借金は60万円という今の状況はなかったと思います。そもそも社員寮にいたら、寂しくないし。それに正社員で働いていたら、結婚もしていたと思うんですよね」

詩織さんは26歳までに“一生分のモテ期を使い果たした”と思うほど、モテまくったそうです。

「前の会社はハイスペック男子の見本市でした。例えば、東大卒エリート、慶應卒の金持ちボンボン、明治大学卒のガッツある営業マン、早稲田大学卒のトリリンガルなどが私と付き合いたいと求愛してきました。私は一番私を愛してくれる人と結ばれたかったので、いろんな願望を彼らに伝えたかな。慶応大卒男子は、毎月のようにフレンチを予約してくれました。明大卒男子にはデパートの外商部にいる友達がいたので、都内の予約困難店に連れて行ってくれました。24歳の時は、あらゆるラグジュアリーブランドの財布を持っていました。一番高かったのは20万円のものです」

しかし、その恋愛は、すべて短期に終わってしまったそうです。

「“恋愛”って言いますけれど、恋人関係になっていないから、なんともないんですよ。私は母親のふしだらな姿を見ているから、そういうことは大嫌いなんです。どの人とも深い仲になることをお断りしていました。私はそんなに安い女ではありません」

本当の恋人はもっと大人の男性だったとか。

1 2
恋愛運 その1 浮気 運勢 金運 アラサー 美人探偵 占い 貧困女子 結婚 アラフォー 恋愛 iPhone 不倫 アプリ 婚活 セカンド 恋愛講座 時短 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。