【セカンド女子】提出したはずの婚姻届が彼の手に。仕事を家に持ち込まない彼が見せた彼女のために働く残業姿~その2~

【セカンド女子】提出したはずの婚姻届が彼の手に。仕事を家に持ち込まない彼が見せた彼女のために働く残業姿~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内の広告代理店で営業の仕事をしている田中望美さん(仮名・34歳)。茶色に染められのショートヘアに、大きなアーモンドアイとキリッとつり上がったラインで描かれた眉が印象的。一見きつそうに見えるものの、話し出すと人当たりの良さを感じる女性です。

出身は名古屋で、母と3歳上の姉との3人家族。生まれた時から父親のいない母子家庭で育ちます。そのかわいいルックスから、学生時代はモテモテで彼氏は長く途切れたことはないそう。就職した会社の取引先で出会った男性と恋愛関係になり、彼の上京を機に結婚を約束して一緒に上京しますが……。

「私のほうから、『今すぐじゃなくてもいいから結婚の約束はしてほしい』と言いました。まずは仕事をお互いに見つけることのほうが先だと思っていましたから。親にも一緒に上京することを伝えました。彼氏の家はちょっと家庭が複雑で、離婚はしていないものの両親は一緒に住んでいなくて。彼が親との付き合いを敬遠していたので私も一度も挨拶に行っていませんでした。今回の上京では、私の母親にだけ彼と一緒に挨拶をしました。そして、母親に挨拶に行った帰りに婚姻届を役所にもらってきて、一緒に記入したんです。保証人のところは未記入で、2人で埋められるところを書いて。それだけの誓いがあると彼に示してもらいました」

彼は契約社員でデザイン事務所に就職が決まり、望美さんはなかなか決まらなかったこともあり一度派遣に登録して、派遣社員として東京での仕事を開始したと言います。

「彼の仕事先が一番先に決まったので彼の職場に近いところに家を決めて、私の仕事が決まったのは上京して1か月ぐらい経ったころでした。仕事が決まるまではすごく孤独でしたよ。だって彼以外誰も知り合いがいないんですから。地元から東京で就職した人もいましたが、私とはまったく仲良くない人ばかりで。学生時代にもっと友人活動を頑張っておけばよかったって、心の底から思いましたね……」

4社目でやっと見つけた彼の定職。彼はさらに仕事熱心に変わっていった

1 2
美人探偵 占い 結婚 セカンド 時短 金運 不倫 浮気事件簿 アプリ 運勢 派遣女子 婚活 iPhone 恋愛 恋愛講座 アラサー 恋愛運 貧困女子 アラフォー 派遣
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!