仕事量が多すぎる!この状況を回避するために考えるべき3つのこと

仕事量が多すぎる!この状況を回避するために考えるべき3つのこと

やってもやっても終わらない……、フル残業は当たり前、食事をとる時間もロクにない、そんなことはありませんか?入社後5年以上、責任ある仕事も任されている、やりがいも感じているけど、仕事が多すぎて自分が崩壊しそうと感じる働く堅実女子の皆さん、無理をしてはいけません。疲れがとれない、人に優しくできない、口角が下がりっぱなし……などのハードワーク時にありがちな現象は、決して長期的にあってはいけないもの。

メンタルに影響が出る前に、一度立ち止まって考えてみましょう。

1.このハードさは一時的なものなのか?

繁忙期、決算期、新規事業立ち上げ、イベントに向けての追い込みなど、「このヤマを越えれば、もう少しゆとりある日々が戻ってくる」というものであれば、必ずそのハードな日々に終わりは来ます。3年後、5年後も同じ状況であることが予想される場合は、状況は異なります。

一時的な忙しさの場合は、物理的に自分だけでは厳しいことを上長に伝えましょう。あなた以外でもできる雑務をほかの人に回すなどの配慮をしてもらえる可能性があります。

3年後、5年後も同じ状況が見込まれる場合は、自分のワークライフバランスをよく考えてみましょう。転職、配置換えなどの環境の変化が必要な場合もあります。

2.どうして仕事量が多いのか?

自分自身で、まずは俯瞰的に見てみましょう。なぜ仕事がたくさんあるのでしょうか?人員が足りない、という場合は上長や会社にその旨しっかり伝えるべきです。

あなた自身の仕事のさばき方がうまくいっていない場合、どこに時間がかかっているのか、どうすれば効率良く進められるのかを考えてみましょう。仕事には優先順位というものがあります。今日中にやらなければならないこと、明日でもよいこと、今週中でもいいこと、と振り分けて、最優先のものからこなしていくのです。

物理的に自分に仕事が多すぎるという場合は、上長に相談してみましょう。「引き受けたいのはやまやまなのですが、今の自分の状況では他にも仕事が多すぎて、ご迷惑をおかけしてしまう」というように、決して仕事をしたくないから断っているわけではないことを理解してもらえるよう、話してみてください。

1 2
結婚 浮気事件簿 不倫 時短 アラフォー 恋愛運 金運 占い アプリ 派遣女子 iPhone セカンド 派遣 婚活 恋愛 運勢 美人探偵 恋愛講座 アラサー 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!