“3年目の悲劇”を回避するにはどうすればいい? 派遣からキャリアアップするために必要なこと~その2~

“3年目の悲劇”を回避するにはどうすればいい? 派遣からキャリアアップするために必要なこと~その2~

2015年9月の法改正により、事業所への派遣労働者の受け入れが、3年までという期間制限のルールが導入されました。これにより、法施行から3年が経った今年10月から、派遣社員として働いている人の中から、期間制限の上限に到来する人が出てきます。この“3年目の悲劇”によって、仕事を失わないためにはどうすればよいのかを、「独立行政法人 労働政策研究・研修機構」の主任研究員・小野晶子さんにお話を伺いました。

その1はこちら

☆☆☆

直接雇用になるために必要なのは〇〇力!?

――直接雇用を成功させる秘訣はあるのでしょうか?

直接雇用に結びつけるのに必要なのは、ずばり“リサーチ力!”です。それに対する対策は最初の1年で決まります。

就労期間のうち、お見合い期間は1年目で終わっています。向こうから、何のアクションもない場合は派遣先に聞いてもいいです。社内の中で、非正規雇用から正社員登用がされているかどうかをリサーチしてみてください。そして、誰がキーマンかを見ること。派遣で働く場合は、自分からごりごりいかないといけません!

2年働いてみて社員として働いたらブラック企業かもしれないし、そういう内情は1年働いて見極める。ダメそうだったら、長くいないでパッと辞めた方がいいです(キッパリ)。

――派遣会社との交渉が苦手な人も多そうですが、その場合はどうすればいいのでしょうか?

派遣会社選びを失敗しないためには、優良派遣事業者認定制度で、認証を受けている派遣会社を選ぶようにしてください。

実は、派遣会社から配布されている冊子などに、困ったときはどこに相談をすればよいか書いてあります。派遣で働いている人たちの中には、労働局の存在を知らなかったり、自分たちには色々な権利があるという意識がない人が多いです。就労の際には、書面も交わしているはずですし、その契約に合理性があるかどうか確認しないと、泣き寝入りすることになります。

また、労働組合に加入すると、派遣会社との交渉に役立ちます。派遣会社に組合が無い場合は個人で労働組合に加入することも出来る連合(日本労働組合総連合会)の地域ユニオンでしたら、雇用形態関係なく加入することが出来ますので、お住まいの地域の地域ユニオンに相談してみるのも一つの手段です。

“3年目の悲劇”にならないためには、連合のサイトから、雇用安定措置の申し入れ書をダウンロードして、提出するなど、自分からも動くことが大事です。

――ではアラサー女性にとって、非正規雇用で働くという選択は、どういったメリットがあるのでしょうか?

まず、どういうふうに身を振りたいかビジョンをもつこと。アラサー女性は、結婚、出産とライフステージが変わりがちですが、結婚した後で派遣になるなど、手段として派遣を利用するのはありです。一度、主婦になってしまうと“ブランクがあるから……”と気後れしてしまう人もいますが、やり始めたら意外にできるんです! あとは努力! そこから企業との直接雇用に上がっていく可能性はある。もう一回自分のキャリアを作るつもりで、派遣という制度を上手く使ってもらいたいです。

――派遣社員の間には、“34歳定年説“というのがありますが、実際はどうなのでしょうか?

実は、20代の派遣は少ないんです。派遣社員として働いているのは、もう少し上の年齢層で、団塊ジュニアが多いです。10年前に20代だった人たちが、ちょうどいま30代前半になっています。就職氷河期で、正規雇用で就職できなかった層が、そのまま派遣になっている構図です。 “34歳定年説”というリミットはなく、ニーズはあります。企業にとっても、アラサーOLは落ち着いているのでメリットはあります。

だいたいアラサーになると、みなさん自分の人生について考え始めます。どう自分のキャリアを見据えるが重要です。でも最近は、派遣からの直接雇用になるのを拒むケースも増えているんです。

悩んだら、派遣会社や連合に相談してみて!

直接雇用のチャンスを生かさず、派遣のままを選ぶ理由とは?

1 2
不倫 派遣 アラフォー 恋愛 浮気 アプリ 美人探偵 時短 恋愛講座 占い 運勢 恋愛運 アラサー 浮気事件簿 セカンド 貧困女子 結婚 婚活 iPhone 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。