【私の場合】終電帰宅、残業の日々で疲弊……笑顔が消えた彼女が選んだのは会社からの脱出~その2~

【私の場合】終電帰宅、残業の日々で疲弊……笑顔が消えた彼女が選んだのは会社からの脱出~その2~

ハリウッドから端を発した性暴力被害者に連帯する「#metoo」の世界的な広まり。これを機に、スポーツ界や一般企業のセクハラ、モラハラなどのハラスメントが問題になりました。

27歳から3年間、モラハラ体質の会社に勤務していた庄野尚美さん(仮名・35歳)。彼女は会社を辞めたくとも、8時出社、終電帰りの日々が続き転職活動ができなかったといいます。実際、給料が悪くないうえに、厳しい分スキルも磨けるので、辞めにくかったそうです。

その1はこちら

「20代で体力もあったし、そこそこ結果も残せていて、待遇もよかったんです。だから1年、2年とズルズルと勤めてしまったんですよね。使うヒマがないから貯金もできましたし。また、会社はチームだから、エースの私がいなければだめになるんじゃないかと、勝手に思ってしまったんです。元ヤンキーの上司が多く、そういう人は人の使い方が上手いんですよ。体育会系出身の上司は、パワハラに訴えるだけでした」

上司はどういうタイプだったのでしょうか。

「例えば、元ヤンのある上司は、男性としての魅力があり、おだてたりほめたりするのが上手い。でも結果を残さないとみんなの前で罵倒する。その他の時はびっくりするくらい優しいんです。元体育会系のある上司は、基本的に元ヤンに使われているという印象でした。私達に対しても、力で訴えることが多く、ある会社の行動規範ともいうべき“10訓”を唱えさせたりしていました。“がんばればできる”と怒鳴り、具体的な方法論を教えてくれない」

勤務している間に、世の中の雰囲気や考え方が変わっていきましたが、会社の体質は全然変わらなかったそうです。

「勤務している3年間で、直属の上司が6~7回変わりました。たった30人の会社なのに、辞めていってしまうんですよ。私は元体育会系部長のチームにいたからでしょうね。元ヤン部長のチームは、あまり人が辞めていませんでした。上司も人が辞めるとペナルティーを受けるらしく、社長から罵倒されているところを会議室を通りかかった時に聞いてしまいました」

尚美さん自身も、みんなの前で怒鳴られたことが何度もある。

1 2
恋愛運 セカンド 時短 恋愛 キャリア アラフォー 浮気 金運 占い その1 浮気事件簿 運勢 結婚 恋愛講座 婚活 不倫 美人探偵 アラサー アプリ 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。