【パワポマスターのスーパー・ササダンゴ・マシンさんが伝授!】Vol.2プレゼンで競合相手に勝つにはどうすればいい!?

【パワポマスターのスーパー・ササダンゴ・マシンさんが伝授!】Vol.2プレゼンで競合相手に勝つにはどうすればいい!?

見るからに筋骨隆々のマスクマンの正体は誰? 彼は、スーパー・ササダンゴ・マシンという名前で、DDTプロレスリングというプロレス団体に所属する人気選手。試合前に“煽りパワポ”というプレゼンテーションを行なうのが特徴で、新潟の企業の専務取締役というビジネスパーソンとしての顔も持つ、切れ者でもあります。近年、その魅力はリング上だけにとどまらず、MCやコメンテーターとして『コンとコトン』(Eテレ)や、『八千代ライブ』(NST)というTV番組への出演など多彩な活躍をしています。

魅力あるパワポってどう作ればいいの? プレゼンがうまくいくにはどうすればいいの? と悩み多き私たちに、ササダンゴ選手から実践的なアドバイスをいただきました! ~その1~はコチラ!

スーパー・ササダンゴ・マシン……DDTプロレスリング・松竹芸能所属のプロレスラー。マスクの下の正体は新潟市東区にある坂井精機専務取締役。試合前に行う“煽りパワポ”が話題を呼び、タレント活動のほか、映画監督など様々な顔を持つ。DVD『スーパー・ササダンゴ・マシンによるコミュ障サラリーマンのためのプレゼン講座』(ポニーキャニオン)、「俺たち文化系プロレスDDT」(DDTプロレスリング)が発売中。Twitter @abulasumasi

選ばれるプレゼンをするには相手を知ること

自分たちの商品やアイデアなどを選んで貰いたい時は、そのお客さんのことをよくわかっていることが大事。相手の企業、会社や業界をいかに分析しているのか。その業界に対する分析がしっかりなされていないと、提案が伝わらないんです。

プロレスの試合の場合だと、コンサルティングの対象となる敵レスラーのSWOT分析(注:要因を、外部環境や内部環境を強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats)の4つのカテゴリーに分けて分析すること)を、入れることが多いです。

SWOT分析までいかなくても、お客さんの会社の強みと弱み、どういう環境に置かれているかっていう分析はできますよね。周りにこういうライバル企業があって、今こうだから業界的には成長している、あるいは縮小している。会社や業界全体が成長段階にあるのか、それとも成熟段階にあるのか。相手に嫌な気持ちにさせずに聞いて貰えるような言葉を選んで、説明してください。

マーケティング会社とかの資料にある言葉って、得てしてその業界の内部にいる人が見ると傷つくんです。例えばレスラーでも、その業界に詳しい人が書いた資料や数字をそのまま受け取ると、きついので傷つくんです(笑)! それをどうやって優しい言葉にするか。その人たちの立場に立って、現状の分析をちゃんとできるか。それができていないと、相手はちゃんと話を聞いてくれないんです。

お客さんの会社の内部環境(強みや弱み)は、“もう知っているよ”っていう要素が多いかもしれません。でも意外とお客さんにとっても、自分たちの置かれている状況(追い風や向かい風になる部分)って、どうなのかわからないですから。

よく単刀直入に“自分たちの商品はこんなに凄いんだ”とアピールする人がいますが、そのやり方は間違ってはいないとは思いますが、プレゼンではできるだけ相手のことを話すべきだと思うんです。実際にどれだけ相手のことを研究してきました、あなた達のことこれだけ勉強してきましたっていうことを伝えるべきな気がするんです。そっちの方が、相手が興味を持ってくれますね。

相手の特徴をわかりやすいイラストで表現!

1 2
貧困女子 不倫 キャリア 金運 時短 セカンド 美人探偵 恋愛 浮気 恋愛運 アラサー アラフォー 運勢 婚活 恋愛講座 その1 占い アプリ 結婚 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。