【セカンド女子】フレックスタイム制を利用した社内不倫。彼の浮気は朝、行なわれていた~その1~

【セカンド女子】フレックスタイム制を利用した社内不倫。彼の浮気は朝、行なわれていた~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の出版サービス事業を行なう会社で契約ライターとして働く佐藤尚子さん(仮名・35歳)。鎖骨まであるゆるいクセがある髪はハーフアップに、耳にはゴールドの大きめの輪っかのイヤリングがついており、ゴールドのアイシャドウとよく合っています。服装は白のタートルネックのセーターに花柄のひざ丈スカートを合わせて、上着にはグレーのボワブルゾンを着ています。年齢より少し若い雰囲気のある尚子さんですが、年齢のことを気にしているのか、「若い子」、「おばさん」などのフレーズがよく飛び出していました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は滋賀県で、両親と3歳上に兄がいる4人家族です。父親は普通のサラリーマンで、母親もフルタイムで勤めていました。私は実は母親との折り合いがよくなくて、今はほぼ実家と連絡は取っていません。思い出すのは、いつも兄にべったりだった母親の姿。父親が認めてくれたから大学まで行けたけど、母親は私に高校を出たら働いてほしかったみたいで、最後まで大学進学には反対していましたね。兄は私よりもレベルの低い大学に進学していたのに……。高校に入ったばかりの時には就職と言われていたので、高校時代は必死に勉強してやりました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校の時に予備校で知り合った他校の同い年の男の子です。その子はめちゃくちゃ頭が良くて、追いつきたくて必死に勉強したことで私の成績はすごく上がりました。予備校は母親にはアルバイトだと嘘をついて通っていました。お金は父が出してくれて。そんな嘘にさえ気づかないくらい、母親は私には興味がない感じでしたね。

彼と付き合ったきっかけは私からのアプローチで。私が予備校で仲良くなった女の子の友達だったんです。好きになったのは中性っぽい雰囲気の人なのに手とかゴツゴツしてたり、キチンにまとめられた綺麗な字のノートとかを借りた時とかかな。厳密には、正式に付き合ったのはお互いの受験が終わってから。それまではたまにメールとかをしていたぐらいでしたね」

彼と同じ大学へ行くために勉強を頑張り、同じ東京の有名大学へ進学。通い妻のような関係が続いていたそうですが、上京から1年にも満たない時期に彼の浮気が発覚し、振られてしまいます。

「彼の大学の男友達の彼女とできてしまったんです。私は全く気づいてなかったのに、罪悪感からか彼が勝手に喋ってきたんですよ。『こんな気持ちのまま一緒にいるのは……』とか、悲劇のヒロインならぬヒーローですか?って感じでした。さすがにこんな状況なだけに大学ではみんな私の味方になってくれて、そこまで引きずることもありませんでした。もう二度と会いたくないと思っていますけど、今では東京の大学を目指すきっかけをくれたことだけは感謝していますね」

同じ会社の支社の男性と出会い、恋愛関係に

1 2
恋愛運 貧困女子 美人探偵 セカンド 浮気事件簿 アラフォー 結婚 時短 占い アラサー 浮気 恋愛講座 婚活 その1 キャリア 恋愛 運勢 不倫 金運 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。